2011年10月28日 09時00分 UPDATE
特集/連載

Windows 8で機能拡張されるHyper-V【前編】Windows 8クライアント版に搭載されるHyper-Vの重要な新機能とは?

Hyper-Vは、Windows 8でクライアント版に搭載されるだけでなく、機能が大幅に拡張される。米Microsoftのブログ「Building Windows 8」に記載されたHyper-Vの重要な新機能を紹介する。

[Ed Tittel,TechTarget]

 米Microsoftによる「Building Windows 8」ブログの定期的な更新のおかげで、同社の次期クライアントおよびサーバOS(関連記事:Microsoft、コードネーム「Windows Server 8」の詳細を発表)に何を期待できるのかが次第に分かってきている。

 これまでのところ、同社のスティーブン・シノフスキー氏が2011年9月7日に投稿したマシュー・ジョン氏の執筆記事「Bringing Hyper-V to "Windows 8"」("Windows 8"へのHyper-V導入)ほど、刺激的で興味深い記事はないだろう。この記事には、Hyper-VWindows Server 2008で導入され、Windows Server 2008 R2で強化された)のアップデート版が、Windows 8のクライアント版とサーバ版の両方に搭載されると記されている(シノフスキー氏はWindows&Windows Live担当プレジデント、ジョン氏はHyper-Vチームのプログラム管理者)。

 本稿では、この新しいHyper-V(関連記事:拡張型仮想スイッチの改善に期待、Hyper-V 3.0の新機能)の機能や、クライアント版Windows 8へのHyper-V搭載が重要な理由および2012年に一般発売予定のWindows 8の導入展開にHyper-Vがどのような影響を与えるかを見ていこう。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news099.jpg

「Pinterest」のマーケティング活用、実は意外と進んでいるってご存じでした?
おしゃれな人、アート志向の人が使う画像共有サービスとして知られる「Pinterest」。アー...

news095.jpg

NTTコム オンライン、「Oracle Eloqua」と連携したSMS送信サービスの提供開始
NTTコム オンラインは、マーケティングオートメーション「Oracle Eloqua」から直接SMSを...

news072.jpg

インテージ、「INTAGE connect」経由でモバイル空間統計データの提供を開始
インテージは、同社の「INTAGE connect」を通して、ドコモ・インサイトマーケティングが...