2011年03月11日 17時45分 UPDATE
特集/連載

MicrosoftはWindows 8搭載タブレットをいつ出すのか(前編)先を行くiPadやAndroidにどう対抗? MicrosoftがWindows 8投入を焦らない理由

2012年の登場が予想されている次期Windows。焦点となっているのはタブレット用Windowsのリリースと、そのユーザーインタフェースだ。2部構成記事の前編をお届けする。

[Jacqueline Emigh,TechTarget]

 米AppleのiPad、カナダのResearch In Motion(RIM)のPlayBook、米GoogleのAndroidと並び立つ競合からの圧力を感じながら、米Microsoftは躍起になってWindowsの新エディションの開発に取り組んでいる。しかし、一部のパートナー(社名は非公表)によると、Microsoftは性急にWindows 8をリリースしようとはしていないという。

 2011 International CESにおいてMicrosoftが次期バージョンのWindowsを少しばかり紹介してからというもの、Windows 8タブレットのユーザーインタフェース(UI)や実際のリリース時期についてのうわさが、とめどなく流れている。

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

大日本印刷とSMN、丸善ジュンク堂書店が保有する書誌データなどを活用した広告配信プラットフォームで協業
大日本印刷が、グループの丸善ジュンク堂書店、ハイブリッド型総合書店hontoの「本の通販...

news090.jpg

広告コミュニケーションを「ヒアリングファースト」で一方向から双方向へ
「Forbes 30 Under 30 Asia」に選出された気鋭の起業家の目に映る次世代の広告体験とはど...

news022.jpg

Webアナリティクス、日本の市場規模は米国の14%以下
他社はどのツールを導入しているのか。営業インテリジェンスデータサービス「Datanyze」...