2011年02月09日 07時30分 公開
特集/連載

Microsoftはタブレット市場の波に乗れるかARM対応版Windowsに対する業界の評価

タブレット市場への参入で後れを取ったMicrosoftは、Windowsの次期版で今度こそ主導権を握れるだろうか?

[Pat Ouellette,TechTarget]

 タブレット市場攻略に向けた米Microsoftのこれまでの取り組みは、おおむね失敗に終わっている。同社は1月初め、タブレット上でのWindowsの使い勝手を高め、米AppleのiPadに挑む計画を明らかにしたが、アナリストの評価はまちまちだ。

ARM版WindowsでiPad対抗を目指すMicrosoft

 Microsoftは、iPadのシンプルなOSと軽快なアプリケーションに対抗し、簡素化され、省電力性の高いARMアーキテクチャ対応バージョンのWindowsを投入しようとしている。しかしアナリストは、各Windowsバージョンやデバイスとの統合の欠如が、顧客にとってネックになってしまう可能性もあると指摘している。

 Microsoftは現在のタブレットの波に大きく乗り遅れているため、一部の専門家は、同社は自社のアプリケーションを競合タブレット向けに提供する必要があると考えている。

関連ホワイトペーパー

Microsoft(マイクロソフト) | Windows | ARM


ITmedia マーケティング新着記事

news181.jpg

価格上昇を実感、「スーパーマーケット」や「ガソリンスタンド」で約8割――CCCマーケティング総研調査
ティッシュ・トイレットペーパー、ガソリン、さらにはペットフード、ネット代やスマホ代...

news088.jpg

Amazon最強伝説を検証する
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news041.jpg

TwitterとShopifyが提携 米国のマーケターが熱視線を送る“ソーシャルコマース”とは?
TwitterはShopifyとの提携により、米国においてEC機能を拡張する。