2011年02月09日 07時30分 公開
特集/連載

Microsoftはタブレット市場の波に乗れるかARM対応版Windowsに対する業界の評価

タブレット市場への参入で後れを取ったMicrosoftは、Windowsの次期版で今度こそ主導権を握れるだろうか?

[Pat Ouellette,TechTarget]

 タブレット市場攻略に向けた米Microsoftのこれまでの取り組みは、おおむね失敗に終わっている。同社は1月初め、タブレット上でのWindowsの使い勝手を高め、米AppleのiPadに挑む計画を明らかにしたが、アナリストの評価はまちまちだ。

ARM版WindowsでiPad対抗を目指すMicrosoft

 Microsoftは、iPadのシンプルなOSと軽快なアプリケーションに対抗し、簡素化され、省電力性の高いARMアーキテクチャ対応バージョンのWindowsを投入しようとしている。しかしアナリストは、各Windowsバージョンやデバイスとの統合の欠如が、顧客にとってネックになってしまう可能性もあると指摘している。

 Microsoftは現在のタブレットの波に大きく乗り遅れているため、一部の専門家は、同社は自社のアプリケーションを競合タブレット向けに提供する必要があると考えている。

関連ホワイトペーパー

Microsoft(マイクロソフト) | Windows | ARM


ITmedia マーケティング新着記事

news055.jpg

カスタマーサクセスを成功(サクセス)させる「日本型テックタッチ」とは?
カスタマーサクセスにおいて、より多くの顧客に効率よく情報を届ける上で特に重要になる...

news081.jpg

デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。

news044.jpg

企業SNSが炎上する理由 SDGs観点で考えてみると?
業務でSNSアカウント運用を担当している人に向け、SDGsの観点から、役立つノウハウをお伝...