2007年12月25日 20時06分 UPDATE
ニュース

NEWS日立ソフト、1台のPCで2つのデスクトップ環境を実現するセキュリティソフトを発売

1台のPCで機密用と一般用の同時利用が可能なセキュリティソフト「Data Trans Guardian」により、クライアントPCの集約と機密情報の漏えい防止を実現

[TechTarget]

 日立ソフトウェアエンジニアリングは12月25日、1台のPCで機密用・一般業務用2つのデスクトップ環境を同時に利用できるセキュリティソフトウェア「Data Trans Guardian」の販売を開始した。情報漏えい防止のために機密情報を扱うネットワークと一般業務用ネットワークを分割している環境で、双方のネットワーク上のPCをセキュリティを確保したまま1台に集約できるため、コスト削減と利便性向上を実現できるとしている。

 主な機能として、機密情報を扱うネットワークから一般業務用ネットワークへのデータ転送を禁止する一方で、一般業務用ネットワークから機密用ネットワークへのデータ転送を許可できる(クリップボードにコピーしたデータだけでなく、ファイル単位のデータ転送が可能)。また、インターネットへのアクセスを一般業務用のみに許可することで、機密情報の漏えいを防止する。これらの機能は、仮想化ソフトウェア「VMware Workstation 5.5」とセキュアOS「SELinux」(CentOS 5を使用)のアクセス制御機能を用いて実現している。また、機密用・一般業務用のデスクトップ環境は、ともにWindows XP Professional SP2をクライアントOSとして使用する。

 価格は1ライセンス3万5000円。

関連ホワイトペーパー

機密情報 | 仮想化 | 情報漏洩 | VMware | 情報流出 | 運用管理


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news096.jpg

「KARTE for App」がモバイル計測ツール「Adjust」とデータ連携
「KARTE for App」がモバイル計測ツール「Adjust」とデータ連携を開始した。

news056.jpg

「C CHANNEL」、訪日タイ人をターゲットに想定した動画広告メニューを提供
C Channelは、タイ子会社のC CHANNEL(Thailand)において、訪日タイ人観光客向けに商品...

news020.jpg

カードタイプの電子マネー、地方で強いのは「WAON」――MMDLabo調べ
MMDLaboは、「2018年5月モバイル決済 利用者・未利用者比較調査」を発表しました。それに...