2008年01月08日 04時45分 UPDATE
特集/連載

フレキシビリティ&アジリティ2008年の成功の鍵を握る柔軟性と俊敏性

分刻みの意思決定が必要な時代にあって、ITインフラに求められるのは、情報を迅速かつ包括的な形で確実に入手できるようにする方法だ。

[Carol Hildebrand,TechTarget]

 PCやネットワークのアップグレードといった当面の問題も重要だが、CIOにとっては市場と会社に影響を与える現在のビジネストレンドを把握することも必須だ。こうしたトレンドは必然的に、成功をもたらすテクノロジーが必要な経営サイドのニーズにつながる。

 現在の主要トレンドは、早いペースで展開する事業に対応するための俊敏性をITに求めるニーズが拡大していることだ。CIOが探し求めているのは、数時間や数日、数週間ではなく分単位で意思決定がなされる時代にあって、情報を迅速かつ包括的な形で確実に入手できるようにする方法だ。

 「経営側はもっと柔軟で、より迅速にビジネスニーズの変化に対応できるITインフラを求めている」と話すのは、Forrester Researchのアナリスト、アンドリュー・バーテルズ氏。「企業はもっと機動的になり、対応のさらなる迅速化を進める必要があり、CIOはITでこれを実現できる技術を求めるだろう」

 例えば米フロリダ州オーランド市のCSO(最高セキュリティ責任者)兼副CIOを務めるジョン・マテルスキ氏は、メンテナンス、ライセンス、インフラ刷新、自動更新の経費が出費の15〜20%を占める予算をやりくりしながら、市のニーズ拡大に迅速に対応できるインフラを構築する必要があった。「土地開発が続き、新しい人や企業がオーランドに引っ越してくれば、そのエリアにも自治体のサービスを拡大する必要がある。こうしたサービス(警察、消防、廃棄物処理など)を提供するためには新しい施設を作る必要があり、テクノロジーはこれら施設とサービスを維持するための中核となる」とマテルスキ氏は説明する。

関連ホワイトペーパー

CIO | SOA | コミュニケーション | Web2.0


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news128.jpg

トライバルメディアハウスがPinterestと協働プロジェクトを開始
トライバルメディアハウスは、ピンタレスト・ジャパンと協働でプロジェクトを進めること...

news109.jpg

「リードが足りない」の解消へ、toBeマーケティングとWEICが「MAPlus NIKITA」を提供
toBeマーケティングとWEICは、戦略的業務提携を行い、MA運用におけるリード数不足を解決...

news143.jpg

読売新聞社がコンテンツマーケティング事業に参入、「YOMIURI BRAND STUDIO」を設立
読売新聞社は企業のコンテンツマーケティングを支援するため「YOMIURI BRAND STUDIO」を...