2008年01月23日 18時22分 UPDATE
ニュース

NEWSOKI、SIP連携が可能なIPテレフォニー製品の新モデルを発売

大規模オフィス向けIPテレフォニーサーバ「SS9100」、中小規模向けIP-PBXおよびIP&モバイルビジネスフォン「IPstageシリーズ」を発売

[TechTarget]

 沖電気工業(OKI)は1月23日、大規模オフィス向けIPテレフォニーサーバ「IP CONVERGENCE Server SS9100リリース8(以下、SS9100)」と、中小規模向けIP-PBX「IPstage EX300リリース5」、IP&モバイルビジネスフォン「IPstage MX/SXリリース5」(以下、両製品を合わせてIPstageシリーズ)の販売を同開始した。SS9100とIPstageシリーズはIPネットワーク上でSIP(※)連携が可能となっている。

 両製品が混在するネットワークがIP内線として接続されるため、通話品質の劣化防止と同社のIP電話技術「eおと」を利用できるようになった。また、音声アプリケーション「Com@WILLソフトフォン」を利用することで、TV会議やアプリケーション共有などのコミュニケーション機能を活用できる。

(※)Session Initiation Protocol:インターネット電話などで用いられる通話制御プロトコルの1つ

関連ホワイトペーパー

IP電話 | VoIP | コミュニケーション


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news085.jpg

位置情報広告のジオロジック、LINE Venturesなどから総額1億円を調達
ジオロジックは、ジェネシア・ベンチャーズ、LINE Ventures、東急エージェンシーを引受先...

news065.jpg

LINE、サイバーエージェント子会社とチャットに特化した次世代型カスタマーサポート推進で協業
LINEは、サイバーエージェントの連結子会社であるAIメッセンジャーと共同で、チャットに...

news021.jpg

「NPS」の効果を実感、導入企業の8割――IMJ調査
アイ・エム・ジェイ(IMJ)は、「日本企業におけるNPS導入の実態把握調査」の結果を発表...