2008年01月24日 18時50分 UPDATE
ニュース

NEWSユニアデックス、大規模メールアウトソーシングソリューションを提供

大規模法人利用にも対応可能なメールシステム構築をアウトソーシングで提供。委託企業ごとの仕様追加・変更に対応

[TechTarget]

 ユニアデックスは1月24日、メールアウトソーシングソリューション「スパークメール」を発表した。2月1日より提供を開始する。

 企業のメールシステムを同社データセンターに収容することで運用管理を全面的に受託し、委託企業ごとの仕様変更にも柔軟に対応するという。また、迷惑メール対策やウイルス対策、メール監査などのセキュリティ関連の付加サービスをオプションで提供する。

 サービスは「スタンダードタイプ」と「エンタープライズタイプ」を用意(価格の詳細は以下を参照)。メールボックスの容量は無制限(POP接続タイプ、保存期限30日)となっている。

  初期料金(税込) ID当たりの月額料金(税込)
スタンダードタイプ 2万1000円 〜200 262円
〜400 252円
〜600 241円
〜800 231円
〜1000 220円
1001〜 210円
エンタープライズタイプ(※1) 10万5000円から 個別見積もり
オプション
迷惑メールフィルタリングサービス 無料 〜1000 157円
1001〜 126円
メールウイルスフィルタリングサービス 無料 〜1000 157円
1001〜 126円
メール監査/保存サービス
※90日間保存
3万6750円 〜50 一律 3万9900円
51〜 420円

(※1)カスタマイズを行う場合は、初期料金、月額料金ともに別途見積もり

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news128.jpg

トライバルメディアハウスがPinterestと協働プロジェクトを開始
トライバルメディアハウスは、ピンタレスト・ジャパンと協働でプロジェクトを進めること...

news109.jpg

「リードが足りない」の解消へ、toBeマーケティングとWEICが「MAPlus NIKITA」を提供
toBeマーケティングとWEICは、戦略的業務提携を行い、MA運用におけるリード数不足を解決...

news143.jpg

読売新聞社がコンテンツマーケティング事業に参入、「YOMIURI BRAND STUDIO」を設立
読売新聞社は企業のコンテンツマーケティングを支援するため「YOMIURI BRAND STUDIO」を...