2008年02月05日 18時43分 UPDATE
ニュース

NEWS日本オラクル、エンタープライズ統合管理ソリューション「Oracle Enterprise Manager」の最新版

各層をまたいだアプリケーションパフォーマンス診断、Javaアプリケーションの詳細分析、OSを含めたパッチの集中管理などの新機能を搭載する。

[TechTarget]

 日本オラクルは2月5日、エンタープライズ統合管理ソリューションの最新版「Oracle Enterprise Manager 10g Release 4」の提供を開始した。

 Oracle Enterprise Manager最新版では、カスタムアプリケーションやSOA(サービス指向アーキテクチャ)ベースのアプリケーション、パッケージアプリケーションを対象としたアプリケーションのライフサイクル全体にわたる管理機能が追加された。具体的には、「Siebel CRM」の診断機能や、新ライセンス「Oracle Business Intelligence Management Pack」によるBI製品「Oracle Business Intelligence Enterprise Edition Plus」の性能管理機能など、さまざまなオラクル製品の管理機能を統合している。

 また、新しく装備された「Oracle Application Diagnostics for Java」機能は、アプリケーションの性能と可用性への影響を最小限に抑えながら、本番環境のJavaアプリケーションにおける性能上の問題を監視・診断できる。

 セキュリティパッチの管理に関しても、従来版では「Oracle Database」や「Oracle Application Server」などオラクル製品のパッチを集中管理できたが、最新版ではその範囲を「Oracle Enterprise Linux」まで拡張。オラクルアプリケーションおよびOSに対するセキュリティパッチ適用タスクを任意の時間に複数サーバへ一度に実行できるため、パッチ適用タスクのコストを削減できるとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news055.jpg

日本人がまだよく知らないYextと「DKM」のこと
2018年10月に米国ニューヨークで開催された「ONWARD18」の概要を紹介する。

news006.jpg

「100年後も生き残ると思う日本企業」調査、トヨタとホンダが不動の1、2位――リスクモンスター調べ
リスクモンスターは「100年後も生き残ると思う日本企業」調査を実施しました。

news019.jpg

KDDIまとめてオフィスが3000万円のムダ打ちから学んだB2Bマーケティングの正攻法
全国の中小企業向け支援サービスを展開するKDDIまとめてオフィスは、過去のマーケティン...