2008年03月12日 19時24分 UPDATE
ニュース

NEWSディバータ、SaaS型CMSにWebサイトの簡易作成機能を追加

目的別にデザインやページ構成をある程度整えたWebサイトを用意。既成のページ構成、デザインをコピーするだけで企業サイトが容易に作成できる。

[TechTarget]

 ディバータは3月12日、SaaS型CMS(Content Management System)「リレーショナル・コンテンツ・マネージメント・システム」(以下、RCMS)に、企業サイトを容易に構築できるパッケージ機能を追加した。RCMSの無償版・有料版ともに利用できる。

 RCMSはWebサイト構築におけるデザインとコンテンツの管理を完全に分離させたCMS。作成したページごとのアクセス権限設定やコンテンツごとの更新権限設定ができ、イントラネットや会員制Webサイトの運用も可能だ。また、SaaS型で提供するため、モジュールの追加や機能の修正・追加なども随時行われる。

 今回追加されたパッケージ機能は、既に作成されているWebサイトのページ構成やデザインをコピーする機能。目的別にある程度デザインやページ構成を整えたWebサイトが用意されており、そこからコピーしたいものを選択することで、同じページ構成/デザインのWebサイトを新しいURLで作成できる。現在は企業サイト、地域ブログ、数種類のスポーツサイト向けのパッケージが用意されている。

 なお、3月末にはOEM機能のリリースも予定されている。

関連ホワイトペーパー

CMS | SaaS | イントラネット


ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

「辛ラーメン」は「カップヌードル」の2倍超、訪日中国人の食品認知率――ヴァリューズ調べ
ヴァリューズは「中国人の食品ブランド認知・購入状況調査」を実施しました。

news007.jpg

電通デジタル、日本企業のデジタルトランスフォーメーション&デジタルマーケティングに関する調査を実施
電通デジタルが実施した「デジタルトランスフォーメーションとデジタルマーケティングの...

news048.jpg

Facebook活用で地方創生、神戸市の取り組みで見えた成果と課題とは?
フェイスブック ジャパンと神戸市が2018年7月に提携した「地域経済・地域コミュニティ活...