2008年04月25日 18時52分 UPDATE
ニュース

NEWSターボリナックス、運用管理を簡素化したインターネットサーバ構築ソフトの最新版

ターボリナックスは、インターネットサーバ構築・管理ソフトウェアの新製品「Turbolinux Appliance Server 3.0」の販売を開始した。

[TechTargetジャパン]

 ターボリナックスは4月25日、インターネットサーバ構築・管理ソフトウェアの新製品「Turbolinux Appliance Server 3.0」(以下、TLAS3)の販売を開始した。

 TLAS3は、同社のサーバOSをベースにSun Cobalt互換のオープンソース管理ツールBlueQuartzを搭載し、Webやメール、DNS(Domain Name System)などのインターネット系サービスの各種設定や機能をWebブラウザで一元管理できるソリューション。

 新バージョンは、「Turbolinux 11 Server」をベースに従来の機能を継承しつつ、Webアプリケーション開発言語PHP5に対応、標準メールサーバにPostfixを採用するなど、Webサーバやメールサーバのベースとなるシステムのパフォーマンスとセキュリティを向上した。また、GUI(Graphical User Interface)の設定項目の拡充により操作性が向上し、簡易バックアップ機能やログ監視・通知機能など、サーバの安全運用をサポートする新機能を搭載している。

 これらの機能に加えて、ベースとなるOSからアプリケーション、サポートサービスをワンストップで提供することで、インターネットサーバのスピード導入が可能になるという。

関連ホワイトペーパー

運用管理 | Turbolinux | サーバ


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news025.jpg

2018年の還暦人(かんれきびと)の価値観、赤いちゃんちゃんこは7割が「遠慮したい」――PGF生命調べ
人生100年時代に還暦(満60歳)を迎える人々の価値観とはどのようなものでしょうか。

news122.jpg

ブロックチェーン技術をマーケティングキャンペーンに活用――キャセイパシフィックグループとアクセンチュア
キャセイパシフィックグループは、アクセンチュアと協力してブロックチェーン技術を活用...

news088.jpg

毎日放送とNTTレゾナント、電話口で話した内容をそのままラジオ広告として出稿するシステムの実証実験を開始
毎日放送とNTTレゾナントは、ラジオへの広告出稿を電話で受け付ける実証実験を開始した。