2008年05月16日 18時45分 UPDATE
ニュース

NEWSSkypeの新定額国際通話プランはどこまで「オトク」か

Skypeは5月14日、新しい月定額通話プランについて記者向け説明会を開催した。従来の料金体系での新規契約は終了し、同プランでの契約を促進していくという。

[榎本有紗,TechTargetジャパン]

 米eBay傘下のSkypeは5月14日、4月22日からサービスを開始しているIP電話の定額制通話プランについてプレス説明会を開催し、5月末まで割引キャンペーンを実施していることをあらためて告知した。

新しく登場した月定額通話プラン

 P2P技術を利用したインターネット電話サービスを提供するSkypeは、Skypeから固定電話および携帯電話への通話を可能にする「SkypeOut」について、新料金体系の定額国際電話サービスを4月22日から開始している。用意されたプランや価格は以下の通り。


Skype新月定額通話プラン
名称 価格 対象となる国
1カ国限定プラン 695円/月 対象34カ国から1カ国を選択
アジア限定プラン200 895円/月 台湾、中国、日本、香港
世界中どこでもプラン 1495円/月 対象34カ国すべて
photo 対象となる国は34カ国。携帯電話への通話が無料となる国は一部のみ(日本は有料)

 同プランは、以下のような点が特徴となっている。これまでの国際電話の料金体系では通話時間に比例して料金を課す従量制が採用されていたが、今回の定額プランでは回数や時間を気にせずに通話を楽しめるのが最大のメリットだ。

  • 月単位で契約可能(契約期間は1カ月、3カ月、12カ月から選択)
  • オンラインで申し込み可能
  • 接続料4.9円が掛からない(※1)
  • 月に3回までプラン変更が可能
  • クレジットカード、Skypeクレジット、PayPalでの決済が可能
  • 初回時、1ユーロのSkypeクレジットがもらえる
  • 「SkypePro(※2)」からアップグレード可能(※3)
  • 制限やポリシーを越えた分には従来の値段で課金(※4)

(※1)Skypeから固定電話および携帯電話に接続する際、1回の通話において通話料金とは別に必ず接続料が4.9円掛かる

(※2)従来の、Skypeから固定電話および携帯電話に発信できる有料サービス。今回の定額通話プラン発表とともに新規契約の受付を終了した

(※3)アップグレードした場合、SkypeProに支払った料金は日割りで返金されるようになっている

(※4)1カ国限定プランと世界中どこでもプランは1万分/月、アジア限定プランは200分/月の制限がある

従来の料金と比べてどれだけオトク?

 以上の特徴を見ると、今回の定額プランは、通常の固定電話や国際電話より通話料金が安いのは当然だが、通話できる時間を従来の料金プランと比較すると、実質「話し放題プラン」であることが分かる。

 例えば、1カ国限定プランに掛かる695円分を1カ月の通話料金として、従来の料金体系でどれくらい通話できるのか計算すると、次のようになる。まず、Skypeから直接固定電話および携帯電話に通話できる従来のSkypeOutを使用すると、通話料金は2.38円/分だ。1回接続するたびに4.9円の接続料が掛かるため、毎日接続すると接続料だけで4.9円×31日=151.9円となる。さらにこの接続料を差し引いた上で毎月何分通話できるか計算すると、(659円−151.9円)÷2.38円=約210分となる。今回のプランでの使用時間は最大1万分と制限されているが実質的にほぼ無制限であり、通話可能時間を比べると今回の定額プランは圧倒的に得だ。

 さらに、Skypeが提供しているほかの有料サービスが本プラン内に含まれているのも大きなメリットだ。新しい月定額通話プランを申し込んだ場合、以下の有料サービスが利用可能となる。ただし、SMSメッセージの送信は従来通り課金される。

  • 固定電話および携帯電話への発信
  • 固定電話および携帯電話への通話転送
  • 固定電話や携帯電話からの通話受信
  • ボイスメールの送受信
  • 「Skype To Go番号」の利用
  • 固定電話や携帯電話へ着信を転送

 中でも注目すべきは、Skype To Go番号が利用できることだ。Skype To Go番号はSkypeを使わずにSkypeOutを使えるサービス。かけたい電話番号を登録して050の番号と関連付けると、一般のIP電話にかける料金とSkypeOutに接続する料金のみで通話できるようになり、携帯電話からでもSkypeのネットワークを使った通話が可能となる(Skype To Goのしくみを参照)。今回のプランではSkypeOutへの接続料金が月額定額に含まれるため、海外に出掛ける際など自宅や会社の電話番号をSkype To Go番号に登録しておけば、国際電話の料金を安価に抑えられる。

2008年5月31日まで割引キャンペーンを実施

 現在Skypeでは、月定額通話プランの導入を記念して、3カ月契約ごとに1カ月分が無料となる割引キャンペーンを5月末まで行っている。同プランは1カ月、3カ月、12カ月から選択できるが、3カ月で申し込んだ場合は2カ月分の料金、12カ月で申し込んだ場合は8カ月分の料金で使用開始できる。各プランの申し込みはこちらから。

関連キーワード

Skype | 固定電話 | 携帯電話 | IP電話 | PayPal


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...