2008年05月21日 08時00分 UPDATE
特集/連載

中堅・中小企業に効くエントリーVPN導入【前編】エントリーVPNの正体――「安全、高速、安価なWAN」は本当か

IP-VPNは高価で手が出ない。だがインターネットVPNでは安全性が心配――。そこで注目されるのが、事業者網を使ってインターネットVPN並みのランニングコストで運用できる「エントリーVPN」だ。

[池田冬彦]

エントリーVPNとは何か

 日本は世界トップクラスのブロードバンド先進国だ。特に、オフィスにおけるFTTH(Fiber to the Home)の普及はめざましく、リーズナブルな月額料金で高速なインターネットアクセスが可能だ。この足回り回線を活用して広域VPNを導入しない手はない。

 だが、いざVPNを導入しようとすると、どの方式を利用するかで、かなり悩ましい問題が生じる。最もコストを安く抑えようと考えれば、IPsec VPN(※注1)またはSSL VPN(※注2)ベースのインターネットVPNが最適だが、公衆網を利用するため当然ながら帯域などのパフォーマンスは保証されない。また、耐障害性の問題もある。企業の基幹系WAN回線として利用するなら、IP-VPNの採用が理想である。

※注1:ネットワーク層でパケットを暗号化するプロトコルIPsecを使って仮想網を構築するVPN技術。対応する機器を用意したりシステムなどにIPsecを実装したりする必要がある

※注2:Webブラウザや電子メールなど多くのアプリケーションが対応するSSL(Secure Socket Layer)をリモートアクセス網の構築に利用するVPN技術

 そもそもIP-VPNは、主に大企業が利用していた専用線サービスやフレームリレー網に替わる、新たなWANソリューションとして普及した。専用線やフレームリレー並みの閉塞性(安全性)と信頼性を確保し、しかも、これらのサービスに比べればランニングコストは安い。とはいえ、中堅・中小企業にとって、IP-VPNの月額料金は決して安いものではない。信頼性を取るか、それともコストを取るか、難しい選択を強いられる。このような状況の中、新たにユーザーに注目されているのが「エントリーVPN」と呼ばれるソリューションだ。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news017.jpg

ビズリーチ青山弘幸氏に学ぶ、事業を成長させるプロマーケターの仕事術
30年にわたりIT系B2B企業のマーケティング支援に携わってきたエキスパートが、マーケティ...

news075.jpg

できる営業担当者は顧客に何をヒアリングしているのか?――Emotion Tech調査
Emotion Techは営業担当者の顧客とのコミュニケーションに関する調査結果を実施しました...

news011.jpg

広告運用で本当に必要とされる自動化とは何か?
プラットフォームの自動化技術が進み、日本の広告運用の現場にもようやく浸透し始めてい...