2008年05月27日 18時40分 UPDATE
ニュース

NEWSハイパーギア、検索結果からの情報漏えいを防ぐ機能をSEI製企業内検索ソフトに追加

住友電工情報システム(SEI)の企業内検索ソフトに情報漏えい防止機能を追加した「HG/QuickSolution Portal セキュリティオプション」の販売を開始。印刷防止・持ち出し制限機能などにより検索結果からの情報漏えいを防ぐ。

[TechTargetジャパン]

 ハイパーギアは5月27日、住友電工情報システム(SEI)の企業内検索ソフト「QuickSolution Portal」に情報漏えい防止機能を追加したセキュリティ製品「HG/QuickSolution Portal セキュリティオプション」の販売を開始した。

 HG/QuickSolution Portal セキュリティオプションは、ハイパーギアの情報漏えい防止システム「HG/WEB Defender」と、常時暗号化を実現するDRM(デジタル著作権管理)ファイル暗号化システム「HG/PscanSECURE」の技術を利用しており、QuickSolution Portalのログイン管理やアクセス制御だけでは解決できない情報漏えいの危険性を軽減するという。

 Webブラウザの印刷メニューや右クリックメニューなどを制御して、検索結果画面や検索詳細画面の印刷を防止できるとともに、PrintScreenキーの操作や画面キャプチャーソフトの実行を自動検出することで画面イメージの保存を禁止し、印刷などによる機密情報の2次流出を防止する。

 また、検索結果から得られた文書の持ち出し制限に関しては、PDF1.7以降の機能により標準のPDFビューアソフトだけで編集/コピー/印刷の制限を行える「PDFプロテクト」、DRM暗号化によりWordやExcelなどのOffice文書をPDFに変換することなく、編集、コピー、印刷、持ち出し制限、閲覧期間設定、画面キャプチャー禁止などが可能になる「DRMプロテクト」といった機能を提供する。

 価格は、PDF/DRMプロテクトの選択が可能な「標準版」が105万円(税込み、50クライアントライセンス付き)、PDFプロテクトのみを行える「Lite版」が52万5000円(税込み、クライアントライセンスは不要)。

関連ホワイトペーパー

検索 | 情報漏洩 | 暗号化 | エンタープライズサーチ


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

伊藤忠テクノソリューションズ藤岡良樹氏が語る、老舗大手SIerにマーケティングが必要になった理由
30年にわたりIT系B2B企業のマーケティング支援に携わってきたエキスパートが、マーケティ...

news085.jpg

スマートスピーカー対応の広告配信ネットワークを構築して音声広告配信、博報堂DYメディアパートナーズなど3社
博報堂DYメディアパートナーズなど3社は、スマートスピーカーなどで提供されるニュースコ...

news012.jpg

スマホネイティブの情報収集行動は「スクショ」「いいね!」――博報堂調べ
「スマートフォンユーザー情報行動調査2018」の結果が発表されました。スマートフォンの...