2008年05月27日 18時40分 UPDATE
ニュース

NEWSハイパーギア、検索結果からの情報漏えいを防ぐ機能をSEI製企業内検索ソフトに追加

住友電工情報システム(SEI)の企業内検索ソフトに情報漏えい防止機能を追加した「HG/QuickSolution Portal セキュリティオプション」の販売を開始。印刷防止・持ち出し制限機能などにより検索結果からの情報漏えいを防ぐ。

[TechTargetジャパン]

 ハイパーギアは5月27日、住友電工情報システム(SEI)の企業内検索ソフト「QuickSolution Portal」に情報漏えい防止機能を追加したセキュリティ製品「HG/QuickSolution Portal セキュリティオプション」の販売を開始した。

 HG/QuickSolution Portal セキュリティオプションは、ハイパーギアの情報漏えい防止システム「HG/WEB Defender」と、常時暗号化を実現するDRM(デジタル著作権管理)ファイル暗号化システム「HG/PscanSECURE」の技術を利用しており、QuickSolution Portalのログイン管理やアクセス制御だけでは解決できない情報漏えいの危険性を軽減するという。

 Webブラウザの印刷メニューや右クリックメニューなどを制御して、検索結果画面や検索詳細画面の印刷を防止できるとともに、PrintScreenキーの操作や画面キャプチャーソフトの実行を自動検出することで画面イメージの保存を禁止し、印刷などによる機密情報の2次流出を防止する。

 また、検索結果から得られた文書の持ち出し制限に関しては、PDF1.7以降の機能により標準のPDFビューアソフトだけで編集/コピー/印刷の制限を行える「PDFプロテクト」、DRM暗号化によりWordやExcelなどのOffice文書をPDFに変換することなく、編集、コピー、印刷、持ち出し制限、閲覧期間設定、画面キャプチャー禁止などが可能になる「DRMプロテクト」といった機能を提供する。

 価格は、PDF/DRMプロテクトの選択が可能な「標準版」が105万円(税込み、50クライアントライセンス付き)、PDFプロテクトのみを行える「Lite版」が52万5000円(税込み、クライアントライセンスは不要)。

関連ホワイトペーパー

検索 | 情報漏洩 | 暗号化 | エンタープライズサーチ


この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news027.jpg

インターネット広告PMP取引市場規模、2021年には約3倍に――サイバーエージェント子会社が予測
サイバーエージェント子会社のAJAは国内PMPの市場動向調査を実施。その結果を発表した。

news025.jpg

電通ダイレクトフォース、コマース機能付きインタラクティブ動画を制作できる「EICHI ビデオコマース」を提供
電通ダイレクトフォースは、コマース機能を実装したインタラクティブ動画を制作・配信で...

news019.jpg

電通など3社、Instagram動画広告の制作・配信ソリューションを提供
電通デジタルと電通、TWIN PLANETの3社は、「Instagram」の動画広告を制作・配信するソリ...