2008年06月23日 17時43分 UPDATE
ニュース

NEWS東京海上日動がE-Business SuiteとUNIXサーバで経理システムを刷新、決算作業を効率化

UNIXサーバ「IBM System p」を中心とするオープンプラットフォームで構築し、ERPパッケージとして「Oracle E-Business Suite」を採用。各種会計制度の変更への対応、将来的な保険版国際会計基準やグローバル連結経営管理への拡張も視野に入れている。

[TechTargetジャパン]

 日本アイ・ビー・エムとアイ・ビー・エム ビジネスコンサルティング サービス(以下、IBCS)は6月23日、東京海上日動火災保険(以下、東京海上日動)の経理システムを、ERPパッケージをベースとするオープンシステムへ全面刷新したことを発表した。新システムは5月より稼働を開始している。

 新システムは、IBMのUNIXサーバ「IBM System p」を中心とするオープンプラットフォームで構築し、ERPパッケージとして「Oracle E-Business Suite」を採用。構築に当たっては、IBCSがコンサルティングサービスを提供し、東京海上日動システムズと日本アイ・ビー・エムを加えた3社がシステム開発を行った。また開発は、IBMの中国での開発拠点であるISSC(IBM China Global Delivery Center)と、日本の開発拠点との分散環境において、同時進行で実施した。

 東京海上日動は四半期決算45日対応を前提とする決算プロセスの正確性と統制レベルの向上、柔軟性・拡張性の確保を目的に、経理システム基盤の構築を検討してきた。2006年より具体的な要件検討に着手し、約1年半の開発および従来システムとの並行稼働期間を経て、現在では本社経理部門を含む全国約400人の経理担当者が新システムを活用している。

 新システム導入により、経理部門では損保企業特有の多岐にわたる各種決算事務作業の効率化やステータス管理を実現するとともに、決算シミュレーション実施を含む決算作業の精度向上を図った。また、各担当者のシステム利用に関する証跡を一元管理することにより、経理業務における統制レベルが向上している。全国の各利用部門においては締日翌日からの柔軟な会計データの参照・分析が可能になり、これまで本社経理部門が月次配布していた数百種類の紙帳票が廃止された結果、機敏な営業戦略の立案/実行が実現した。。

 東京海上日動では今後、本システムをベースに、四半期業績開示などの各種会計制度の変更への確実な対応、将来的な保険版国際会計基準やグローバルでの連結経営管理への拡張も視野に入れている。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news083.jpg

「Adobe Marketing Cloud」などの推奨プラットフォームに「Microsoft Azure」を認定
Adobe SystemsはMicrosoftとの戦略的提携を発表し、「Microsoft Azure」を同社のクラウ...

news089.jpg

縦型動画もOK、テンプレート型動画制作サービス「FastVideo」にiOS向けアプリが登場
動画マーケティングのLOCUSは、Webサイト上でテンプレートに画像や動画をあてはめること...

news097.jpg

「時代後れのメディア」と呼ばれ続けて半世紀、ネット化するラジオのマーケティングシナリオとは?
「古くて新しいメディア」として愛され続けるラジオ。インターネットやスマートフォンに...