2008年05月19日 17時09分 UPDATE
ニュース

NEWS造船のツネイシがJD Edwardsで会計システム刷新、複合企業の連結会計を早期化

グループ企業合併に伴う会計処理の集約と連結会計の早期化を狙い、オラクルのERPパッケージ「JD Edwards EnterpriseOne」を導入した。

[TechTargetジャパン]

 日本オラクルは5月19日、常石造船カンパニーをコアカンパニーとした造船会社大手ツネイシホールディングスが、オラクルのERPパッケージ「JD Edwards EnterpriseOne」を活用して連結会計システムを刷新したことを発表した。

 2006年初め、同社はオラクルのJD Edwards EnterpriseOneを活用して統合会計システムの再構築に着手。2007年1月にはグループ内の11社と合併し、複合的な企業グループとなっているが、従来、グループ各社はそれぞれ個別の会計システムを運用しており、グループ内の会計処理を共有センターに集約するため、経理をはじめとする間接業務を一手に担う「ツネイシビジネスサービスカンパニー」という事業部組織を新設し、オラクルのERPパッケージ製品の採用に至った。

 パッケージ選定に関してツネイシホールディングスは、グループ統合経営を視野に入れたマルチカンパニー対応、システムの柔軟性、短期導入、シンプルな機能、サポートサービスを重視。特にJD Edwards EnterpriseOneのマルチカンパニー機能が持つ設定の汎用性は、製造業からサービス業まで規模の異なる業種・業態の集まった同社のような企業グループに¥最適だったとしている。

 新会計システムは、2007年1月に稼働を開始。一般会計、債権管理、債務管理、固定資産管理、原価計算の一元化を実現し、さらに専門ソフトを連携させることでグループ連結会計も実現したとしている。

関連ホワイトペーパー

ERP | Oracle(オラクル) | コンサルタント | 製造業


ITmedia マーケティング新着記事

news066.jpg

継続・解約の理由は? 電通ダイレクトマーケティングが健康食品とスキンケア化粧品の定期購入者の実態を調査
年間購入金額は「1万円〜2万円未満」が2割ほどで最も多く、高年齢ほど年間購入金額が大き...

news042.jpg

Tableauが考えるデータドリブン経営におけるコミュニティーの役割
データ活用を組織全体にスケールさせる上で欠かせないこととは何か。

news055.jpg

IoTはマーケティングをどう変えるのか
マーケ×IoTのこれからをウフル坂本尚也氏が語った。