2008年07月07日 19時34分 UPDATE
ニュース

NEWS日本IBM、BI導入を技術支援するソリューションセンターを渋谷に開設

BIシステム構築の技術支援を目的に、最適なソフトウェア/ハードウェア構成の提案などを行う施設をオープンした。

[TechTargetジャパン]

 日本アイ・ビー・エムは7月7日、同社新渋谷事業所内に「IBM BIソリューションセンター」を開設した。

 同センターは、ビジネスインテリジェンス(BI)ソリューションの導入を検討するユーザーや、IBM製品を活用してBIソリューションを販売・導入するパートナーを対象に、デモから技術支援まで一貫したサービスを提供する施設。BIソリューション環境を構築するための技術支援として、最適なソフトウェア構成の提案や推奨ハードウェア構成の規模測定を行う。また、独自に用意した分析シートに沿った質問項目を用意することで、従来1カ月程度を要したシステム構成の最適化提案が3営業日でできるようになったという。

 そのほか同センターでは、多様な業務や業界を想定したデモを通じて、BIソリューションの効果を理解できる。例えば「営業パフォーマンス・オペレーション改善支援」では、支店および営業担当者ごとの売り上げ、シェア、案件情報を可視化したり、業績が優れた社員の行動特性を共有することで、企業全体の営業力向上に役立つ。業界に特化したデモも幅広く展開する予定で、製造業界向け「ワランティコスト削減ソリューション」では、製品保証にかかわるクレームの発生状況を分析し、将来予測に基づいたコストの引き当てと各ディーラーからの請求額の妥当性を検証することで、クレーム処理に掛かるコストを削減できる。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...