2008年07月22日 16時58分 UPDATE
ニュース

NEWS名古屋トヨペットがシスコのUCを導入し、電話料金の約10%を削減

IP電話2300台以上を導入し、電話料金全体の約10%を占める本社・店舗間通話コストをゼロに。既存CRMシステムとも緊密に連携している。

[TechTargetジャパン]

 シスコシステムズは7月22日、トヨタ系列の自動車ディーラーである名古屋トヨペットが、シスコのユニファイドコミュニケーション(UC)を導入したことを発表した。導入したIP電話は2300台以上、既存のCRMシステム「NOA(Network Organization Assist System)」と緊密に連携している点も特徴。

 今回導入したシステムでは、「Cisco Unified CallManager」や「Cisco Unity」、QoSルータなどで構成されるUCシステムを、ボイスゲートウェイ経由で公衆交換電話網と接続している。

画像 名古屋トヨペットネットワーク構成イメージ

 同UCの導入により、IP電話の番号はすべての担当者に「個人番号」として割り当てられる。そのため、顧客からの電話を担当者が直接受けることができ、外出時には着信を携帯電話に転送することも可能になった。既存CRMシステムNOAとの連携では、PCの画面に表示された電話番号をクリックするだけで発呼できる「クリックトゥダイヤル」と呼ばれる仕組みや、取引履歴がある顧客から着信があると自動的に顧客情報が表示される仕組みも実現している。また、本社・店舗間の通話をIP化することにより、電話料金全体の約10%を占める本社・店舗間通話コストがゼロになるなど、コミュニケーションコストの削減も実現している。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...