2008年07月24日 08時00分 UPDATE
特集/連載

実は意外と高くつく仮想マシンの隠れたコストに要注意

仮想マシン管理ソフトウェアベンダーの米Emboticsによると、150台の仮想マシンを運用するIT部門は、余分な仮想マシンのために5万〜15万ドルを支出しているという。

[Megan Santosus,TechTarget]

 米Emboticsが最近発表した仮想マシンの隠れたコストに関するホワイトペーパーは、仮想マシンライフサイクル管理ソフトウェアのベンダーにふさわしい内容だ。それによると、150台の仮想マシンを運用するIT部門は一般に、余分な仮想マシンのために5万〜15万ドルを支出しているという。こうしたコストは、4つの分野で発生する。具体的には、インフラ(プロセッサ、ストレージ、メモリなど)、管理システム(バックアップ、変更管理、構成管理など)、サーバソフトウェア(OSやアプリケーションのライセンス)、管理作業(およびトレーニング)だ。Embotics マーケティング担当副社長のデビッド・リンチ氏は、顧客が自社で運用する仮想マシンの半分が余分だと気付くことも珍しくないと語った。

 仮想マシンは、本当にそれほど高くついてしまうものなのだろうか。

関連ホワイトペーパー

運用管理 | 仮想化 | データセンター


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...