2008年08月20日 18時51分 UPDATE
ニュース

NEWSサン、BPMやサービス連携の機能を網羅したSOA基盤製品の最新版

オープンソースを基盤とし、BPM、ESB、MDM機能を備えたSun Java CAPS 6の国内販売を開始。サブスクリプション型料金体系で提供し、従業員1人当たり年間1万3920円から利用できる。

[TechTargetジャパン]

 サン・マイクロシステムズは8月20日、SOA(サービス指向アーキテクチャ)のための基盤となる製品の最新版「Sun Java Composite Application Platform Suite 6」(以下、Sun Java CAPS 6)の国内販売を開始した。

 Sun Java CAPS 6 は、オープンソースを基盤とし、BPM(Business Process Managemen)やESB(Enterprise Service Bus)、MDM(Master Data Management)などの機能を備え、本格的かつ実用的なSOAでの開発・運用環境を実現する。

画像 BPMモデリングツール画面《クリックで拡大》

 また、豊富な外部システム連携アダプターを備えており、ERPパッケージやデータベース、Webサービスなど、インタフェース定義があるものに対してはGUIでの設定だけで実装できる。一方、C/C++、Visual Basic、COBOLなどのAPIも備えており、汎用機や独自開発したシステムとの連携も可能。また、SWIFTやHL7、UN/EDIFACTなどの国際標準フォーマットに対応するライブラリの利用により、短期間でメッセージ変換やビジネスプロセスの作成が可能となっている。

 ライセンス価格は、サブスクリプション型料金体系(サーバ筐体数、CPU、ソケット数無制限)で従業員1人当たり年間1万3920円(税抜き、スタンダードサービス含む)から。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

企業の社会課題への解決姿勢は商品の継続利用や他者への推奨意向に影響――メンバーズ調査
メンバーズが実施した「エンゲージメント・サーベイ」によると、Webサイトで本業による社...

news087.jpg

サイバーエージェントとアイリッジ、位置情報分析や行動分析ターゲティングに基づく広告配信で連携
サイバーエージェントのアドテクノロジー商品の開発を行うアドテクスタジオとアイリッジ...

news020.jpg

表示されている? 見られている? 結局リーチしている?――「質的視点」からの新たな効果指標について
脱PV至上主義を叫ぶのはいいとして、具体的には何を目指すのか。戦略コンサルが提案する...