2006年12月14日 11時37分 公開
特集/連載

IBMのSOAアプライアンスが爆発的に売れている理由Column

IBMの「WebSphere DataPower SOA Appliance」は、SOA導入に際し、ソフトウェアの問題をハードウェアアプライアンスで解決するという手法を採用している。

[Rich Seeley,TechTarget]

 コンピュータ業界では、あらゆる買収が売り手と買い手の思惑通りにいくわけではないが、IBMによるデータパワーのXMLハードウェアアクセラレータ(現在のブランド名は「WebSphere DataPower SOA Appliance」)の買収は両社の思惑に合致したらしく、2005年第3会計四半期に40社の新規顧客を獲得した。

 「DataPowerの開発、販売およびマーケティングの担当スタッフは、同製品がIBMのグローバルなSOA構想の一部となって以来、2倍に増員された」――そう語るのは、データパワーの共同創業者で同社の元CTO(最高技術責任者)、現在はIBMのSOAアプライアンス担当ディレクターを務めるユージーン・クズネツォフ氏である。ビッグブルーの資金力とグローバルな販売/マーケティング部隊を得たことで、売り上げが大幅に増加したという。マサチューセッツ州ケンブリッジを本拠とする新興企業だったころも、データパワーの製品は好調な売れ行きを示していたが、この1年間の成功は、小さなニッチベンダーでは考えられないことだった、と同氏は語る。

 これは、オリジナルのDataPower技術の開発者であるクズネツォフ氏の自慢話のように聞こえるかもしれないが、ザップシンクのシニアアナリストのロン・シュメルツァー氏によると、このサクセスストーリーは誇大宣伝ではなく、新たな名前を与えられたこのIBM製品は実際、「爆発的に売れている」という。

ITmedia マーケティング新着記事

news010.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

news098.jpg

なぜサブスクリプションは失敗するのか?(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

Yahoo!広告がLINE広告と連携 「LINE NEWS」面への配信を開始
ヤフーとLINENが広告事業で初めての連携。