2006年11月30日 07時00分 公開
特集/連載

SOA開発にウォーターフォール型はそぐわないColumn

ニーズとモデリング、ガバナンスポリシーを念頭に反復的な手法を採ることが、ウォーターフォール型から脱却する第一歩になると、バートングループが講演で指摘した。

[Rich Seeley,TechTarget]

 SOA開発はただでさえ難しいものだが、場当たり的な「ウォーターフォール型」の手法でやったのでは、うまく機能させることも、エンドユーザーのニーズを満たすこともほとんど不可能だ――。バートングループの副社長兼リサーチディレクター、アン・トーマス・メインズ氏は、バートン・カタリスト・カンファレンスでこう語った。

 メインズ氏は「アプリケーションアーキテクチャと開発:より良いソフトを作るために」と題した開幕基調講演を行った。ウォーターフォール型の手法は基本的に、手法とは言い難いと同氏。ニーズをほとんど考えることなくコードを書いて、それを評価用に「投げ渡し」、大型のSOAプロジェクトでそのサービスがどうなったかについて、ほとんどあるいはまったくフォローがないという古いやり方がこれだという。

 同氏によると、ニーズとモデリング、そして入念に定義されたガバナンスポリシーを念頭に反復的な作業を行うことが、ウォーターフォールから脱却する第一歩になる。

 メインズ氏は聴衆の開発者やアーキテクトを前に「SOAのためのガバナンス確立」を説いている。「SOAは全くの別物であり、本当に難しい。考え方を変える必要がある。ニーズ、モデリング、ポリシー規則の遵守を含め、優れたプログラミング手法を支持する強力なガバナンスと開発文化から着手しなければならない」

 SOAアーキテクトや開発者がオープンソースのソフトに目を向ける中、アプリケーション開発の強力な規則に従うことは特に重要だと同氏は話す。

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

コロナ禍で「たすけあいの意識」が高まったと回答した人が66.9%――こくみん共済 coop調査
コロナ禍の意外な効用? 人と人との「たすけあい」の気持ちが強くなっているという調査...

news056.jpg

企業コミュニケーションの「ニューノーマル」を語ろう
マーケティングやPRの従事者は今、かつてない難問を突きつけられている。「3密」回避など...

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...