2008年09月24日 17時04分 UPDATE
ニュース

NEWS大塚商会ら3社、SMB向けにNAPベースの検疫システム導入パックを販売

Windows Server 2008のNAP機能と対応スイッチを組み合わせ、中堅・中小企業に低コストで容易に導入できる検疫ソリューションとして売り込む。

[TechTargetジャパン]

 大塚商会、アライドテレシス、マイクロソフトの3社は9月24日、「Windows Server 2008」標準の検疫ネットワーク機能を利用した検疫システム導入パッケージを共同開発、10月より提供開始すると発表した。中堅・中小企業(SMB)向けに、システム導入支援サービスを含めて100万円を切る価格で販売する。

画像 「検疫システム導入スターターパック」の導入イメージ

 今回発表した「検疫システム導入スターターパック」は、持ち込みや私用のWindows PCに対してOSのセキュリティ状態などを自動的にチェックして、企業のポリシーを満たさないマシンの社内LAN接続を遮断する、いわゆる検疫ネットワークを実現する。Windows Server 2008標準のネットワーク保護機能であるNAP(Network Access Protection)と、アライドテレシスのNAP対応フロアスイッチを組み合わせ、さらに大塚商会が機能設計といった導入支援を行うことで、専用ツールやノウハウが必要な一般の検疫システムよりも構築コストを抑え、SMBでも導入をしやすくした。

 スターターパックは、ポリシー管理サーバとして利用するWindows Server 2008、24ポートレイヤー3スイッチ「CentreCOM 9424T/SP-E」1台、そして導入設計サービスで構成される。価格は税別で99万8000円から。なお、ポリシー管理サーバのハードウェア、「Windows Server CAL」はパッケージに含まれない。また、証明書サービスとして利用するActive Directory環境が既に導入されていることが前提となる。

 3社は今後、マーケティングやセミナー開催などの販促活動を共同で展開する予定だ。大塚商会は初年度100社の導入を見込んでいる。

関連ホワイトペーパー

検疫ネットワーク | Windows Server 2008 | SMB | Active Directory


ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

電子書籍の閲覧デバイスはスマートフォンが主流、10〜20代では9割に迫る――マクロミル調査
いまだに読書は「紙」が主流。ユーザーの84%が紙の書籍を利用しているそうですが、週数...

news150.jpg

DataRobotとMarketoが連携、AIで業務の自動化と高精度な予測分析を一挙に実現
DataRobot Japanとマルケトは、「Marketo」と「DataRobot」のAPIによる接続検証を行い、...

news097.jpg

HubSpot CMOに聞いたインバウンドマーケティングの新フレームワーク「フライホイール」のこと
HubSpotが提唱するインバウンドマーケティングを実践するための新フレームワークと製品体...