2008年07月04日 20時14分 UPDATE
ニュース

NEWSディーリンク、検疫システム対応の16ポートGbEスイッチを発売

10月に先行リリースした「DGS-3200-10」の上位機種となる「DGS-3200-16」を販売。利用用途を広げるとともに、先進のIPv6機能をサポートした。

[TechTargetジャパン]

 台湾D-Linkの日本法人であるディーリンクジャパンは7月4日、コンパクトなレイヤー2ギガビットイーサネット(GbE)スイッチ「DGS-3200 シリーズ」の新製品となる「DGS-3200-16」の販売を開始した。

画像 DGS-3200-16

 DGS-3200-16は、2007年10月に先行リリースした10ポートの1000BASE-Tポートを搭載する「DGS-3200-10」の上位機種となるもので、ポート数を16ポートに拡張した。また、温度可変式静音ファンの搭載により50度の室温環境にまで対応した。サーバルームはもちろん、マンションの集線ボックスなどでの設置も可能だ。

 マイクロソフトのNAP(ネットワークアクセスプロテクション)、NTTデータ先端技術の「NOSiDE Inventory Sub System 2007」などの検疫ソリューションへの対応のほか、IEEE 802.1X ポートベース/MACベース認証、Webベース/MACアドレス認証アクセスコントロールをサポート。また、認証/未認証ユーザーの動的なアクセス制御を実現するポート/MACベースダイナミックVLANもサポートしている。

 また、IEEE 802.3adリンクアグリゲーションに対応し、スイッチまたはサーバ間でトラフィックを集約できる。QoS/CoS機能としてIEEE 802.1pのほか、ポート/DSCP/MAC/IPv4、v6/VLAN ID/L4プロトコルタイプ別の優先制御をサポートし、MLDスヌーピング(マルチキャスト対応)といった先進のIPv6機能をサポートしている。

 標準価格は10万8000円(税抜き)で、出荷開始は8月末を予定している。

ITmedia マーケティング新着記事

news066.jpg

継続・解約の理由は? 電通ダイレクトマーケティングが健康食品とスキンケア化粧品の定期購入者の実態を調査
年間購入金額は「1万円〜2万円未満」が2割ほどで最も多く、高年齢ほど年間購入金額が大き...

news042.jpg

Tableauが考えるデータドリブン経営におけるコミュニティーの役割
データ活用を組織全体にスケールさせる上で欠かせないこととは何か。

news055.jpg

IoTはマーケティングをどう変えるのか
マーケ×IoTのこれからをウフル坂本尚也氏が語った。