2008年06月13日 19時06分 公開
ニュース

エクストリーム、10GbEを256ポート収容可能な高密度スタッカブルスイッチNEWS

単体で最大32ポート、スタッキングにより最大256ポートの10Gbpsイーサネットを収容する、高密度イーサネットスイッチ「Summit X650」シリーズを発表。異機種とのスタッキングにも対応する。

[TechTargetジャパン]

 エクストリーム ネットワークスは6月13日、高密度のデータセンタースイッチ「Summit X650」シリーズを発表した。

画像 Summit X650

 Summit X650シリーズは、1つの筐体で標準24ポート、拡張モジュール(Versatile Interface Modules、以下VIMモジュール)利用時には32ポートの10Gbpsイーサネット(10GbE)を収容し、スタッキングにより最大256ポートの10GbEを収容することが可能。また、スタッキング容量は業界トップクラスの512Gbpsを誇る。インタフェースには10GBASE-Tまたはオプティカルモジュール(SFP+)を提供する。

 また、VIMモジュールを利用することで、同じスタック内にGbEスイッチ「Summit X450a」シリーズおよび「Summit X450e」シリーズ、100Mbpsイーサネットスイッチ「Summit X250eシリーズ」と、Summit X650シリーズを混在スタッキングできる。これにより、ユーザーは既存製品を使って、サーバなどさまざまなネットワークインタフェースの機器をそのまま集約することが可能。

 価格は350万円(税抜き)からで、発売時期は2008年秋を予定している。

ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。