2008年10月03日 15時46分 UPDATE
ニュース

NEWS中堅・中小企業の帳票アプリシェアはCrystal Reportsがトップ ノークリサーチ調査

利用済み・利用予定パッケージシェアは、ビジネスオブジェクツのCrystal Reportsがいずれもトップ。パッケージ満足度はウイングアークのSVFがトップを獲得した。

[TechTargetジャパン]

 ノークリサーチは10月3日、国内中堅・中小企業約7000社を対象に行った、2008年の帳票アプリケーション導入状況に関する実態調査(有効回収票1765件)の分析結果を発表した。

 帳票アプリケーションのパッケージ化率は85.6%と、オーダーシステムの比率を大きく上回った。さらに利用パッケージ別シェアでは、1位のビジネスオブジェクツ「Crystal Reports」が46.7%、2位のウイングアークテクノロジーズ「Super Visual Formade」(以下、SVF)が20.7%と、上位2社で7割近くを占めた。3位には富士通の「InterstageList Creator」(9.6%)が続いている。

画像

 年商規模別の利用パッケージシェアを見ると、年商50億円未満の中小企業クラスではCrystal Reportsが50.0%を占め、以下、SVF(10.3%)、InterstageList Creator(5.1%)と続く。年商50億円以上の中堅企業クラスでもCrystal Reportsが44.5%とトップシェアを獲得し、以下、SVF(26.0%)、InterstageList Creator(10.4%)が続いた。

 一方、パッケージ利用満足度トップはSVFが100点満点中73.7点でトップを獲得。次いでキヤノンの「imageWARE」が73.3点、InterstageList Creatorが72.8点と、3社の差はほとんどない。Crystal Reportsは68.4点で、4位となっている。

画像 帳票パッケージシェアと評価《クリックで拡大》

 利用予定シェアは1位がCrystal Reports(31.8%)、2位がSVF(24.5%)、3位がInterstageList Creator(18.2%)、4位がimageWARE(11.8%)となっている。Crystal Reportsは利用シェアと比べて15%近く下がっているが、2位以下の製品はシェアを上げている。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news014.jpg

2016年夏のテレビ的「話題」と「問題」
リオ五輪で注目を集めた日本人選手、パラリンピック選手の競技環境、テレビが健康に及ぼ...

news083.jpg

マーケティングオートメーション「B→Dash」が「Sansan」「kintone」と連係開始
フロムスクラッチが開発・提供するマーケティングオートメーションプラットフォーム「B→...

news028.jpg

Act-on Softwareのマーケティングオートメーションを月額9万円で提供
MKTインターナショナルは、Act-on Softwareと販売パートナー契約を締結し、同社が提供す...