2008年10月06日 15時51分 UPDATE
ニュース

NEWSベリングポイントがiPhone 3Gを約1000台導入、常駐コンサルタントの業務環境改善へ

客先のコンサルタントのワークスタイル改革を目指し、データ通信カード+携帯電話をiPhone 3Gに切り替える。国内企業によるiPhone大量導入事例としては初のケース。

[TechTargetジャパン]

 コンサルティングベンダーのベリングポイントは10月6日、業務用携帯電話として「iPhone 3G」(アップル製)を約1000台導入すると発表した。ユーザー企業によるiPhone 3Gの大口導入は同社が第1号になるという。

 ベリングポイントでは、これまでも顧客企業に常駐するコンサルタントに高速データ通信カードと携帯電話を配布してモバイルコンピューティングによる業務環境改善を図ってきたが、今回業務用端末をソフトバンクモバイルのスマートフォンであるiPhone 3Gに一新。これにより、「いつでもどこでもPC並みの環境を確保し、場所を選ばないワークスタイルをさらに深化させる」のが狙いだとしている。

 さらに同社では、今回の端末導入のノウハウを生かし、今後顧客にiPhone 3Gを利用した業務改革を提案していくことを検討しているという。米国ではiPhone 3G向けにさまざまな業務アプリケーションが開発されており、国内での展開も見込む。

関連ホワイトペーパー

iPhone | 携帯電話 | データ通信 | Apple | 無線LAN | 業務改善


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news042.jpg

訪日外国人観光客が礼賛、おもてなし力が高い日本の都市トップ10――Airbnb調査
訪日外国人旅行者の目的が体験型消費に移行しつつあるといわれる中、どのような都市が高...

news033.jpg

Facebook日本進出から10年、個人情報不正利用問題が広告事業に与える影響は?
Facebook日本進出10周年に当たり、フェイスブックジャパンは記者向けの説明会を開催。気...

news114.jpg

LINE、QRコード読み込みで即時抽選ができる店頭販促支援サービス「LINEインスタントウィン」を提供
LINEは、「LINE」を活用した店頭販促ソリューション「LINE SP Solutions」の新メニューと...