2008年10月29日 07時30分 UPDATE
特集/連載

データが危険にさらされただけでも処罰の対象にUSBメモリのデータを守るためにSMBにできること

重要データを記録したUSBメモリ紛失のリスクはSMBでも避けられない。情報を守るための5項目を紹介する。

[Daniel P. Dern,TechTarget]

 ニュースを見ている人なら誰でも知っての通り、USBメモリやCD/DVDディスクは毎日のように紛失したり、置き忘れられたり、盗まれたりしている。こうした記録媒体には、重要データがパスワード付き暗号などの適切な措置によって守られないまま保存されていることがある。

 データ流出による実質的な損害はなかったとしても、セキュリティが掛けられていないデータが危険にさらされたという事実だけで、相当の罰金や処罰の対象となりかねない。こうしたリスクや罰則は、あらゆる規模の企業に当てはまる。複雑なセキュリティ措置のためのITリソースを持たない中堅・中小企業(SMB)さえも例外ではない。

 小さいながら何Gバイト分もの情報が記録されたこの媒体の紛失を防ぐ簡単な手だてはないが、従業員が社外へ持ち出す前に、重要データのセキュリティを確保する簡単な、そして手ごろな手段はある。

 携帯メディアのデータを守るためのノウハウを以下に挙げる。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...