2008年11月19日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWSウィルコムが1回線同時23通話可能なPHS内線接続サービス、月額3万1500円で

オフィスのPBXとウィルコムのPHS間を内線番号で発着信できる定額料金サービスを拡充。PRI回線を利用することで1回線で同時23通話が可能になった。

[TechTargetジャパン]

 ウィルコムとウィルコム沖縄は11月18日、モバイル内線ソリューション「W-VPN」を拡充し、新たに「PRI専用回線サービス」を提供すると発表した。11月20日から受付を開始する。

 W-VPNは、オフィスのPBX(内線交換機)とウィルコムの専用ネットワークを専用回線で結ぶことで、ウィルコムのサービスエリア内であれば、PHS端末で内線番号での発着信を可能とするFMC(Fixed Mobile Convergence)サービス。PHS間の通話は定額料金で利用でき(内線網・PHS間は無料)、外出など不在の場合が多い社員への取り次ぎが不要なため、通話料金を削減しながら業務を効率化できる。

photo W-VPNサービス概要

 これまでは1回線につき同時2通話が可能なISDN BRI(基本インタフェース)専用回線サービスを提供していたが、今回新たに、1回線同時23通話が可能なISDN PRI(一次群インタフェース)専用回線サービスを提供開始する。従来よりも1回線当たりで利用できる同時通話数が増えるため、大規模の企業においても低コストでPHSを内線として利用できる。月額料金は3万1500円(税込み)。

 W-VPNを利用するためには、ウィルコム定額プラン、もしくはウィルコムビジネスタイム定額トリプルプランへの加入、W-VPN内線オプションの契約などが必要となる。

「W-VPN」サービス料金
サービス(1回線当たり) 月額料金(税込み) 初期費用(税込み)
PRI専用回線(23ch) 3万1500円 6万3000円
BRI専用回線(2ch) 5250円 1万500円
W-VPN内線オプション 315円 1050円

関連ホワイトペーパー

VPN | ISDN | 業務効率


ITmedia マーケティング新着記事

news055.jpg

NTTデータとD2C、デジタルマーケティング分野で協業
NTTデータとD2Cは、デジタルマーケティング分野におけるビッグデータの解析を起点とした...

news038.jpg

高成長テック企業の傾向は? デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 2018年 日本テクノロジー Fast 50
テクノロジー企業成長率ランキング。プレイド、BitStar、DATUM STUDIOなどが上位にランク...

news013.jpg

マーケターが自由を手に入れるためにやっておきたい3つのこと
2018年8月、日本のB2Bマーケターが集い、熱気に包まれたライブイベントが開催された。そ...