CBA、Asteriskベースのハイブリッドホスト型IP-PBX「trixbox Pro」を発売NEWS

無償版からコールセンター版まで企業の規模や用途に応じて選択でき、従来の構内交換機が持つ信頼性とIPセントレックスの柔軟性を兼備。

2008年02月06日 17時41分 公開
[TechTarget]

 コミュニケーションビジネスアヴェニュー(CBA)は2月6日、米Fonalityと販売総代理店契約を結び、ハイブリッドホスト型IP-PBX「trixbox Pro」の日本国内およびアジアにおける販売を開始した。

 trixbox Proは、オープンソースのIP-PBXソフトウェア「Asterisk」をベースにFonalityが40万行以上のソースコードを追加し、コールセンターでも利用可能な各種機能を実装したIP-PBXソリューション。「ハイブリッドホスト」と呼ばれる独自アーキテクチャを採用しており、従来の構内電話交換機(PBX)の信頼性とIPセントレックスの柔軟性を併せ持つという。

 IPセントレックス特有の機能として、拠点外の端末を登録して在宅エージェントや営業マンに電話を取り次ぐ、リモートでPBXを常時監視/管理するといったことが可能。また、ネットワーク障害時には自動的にアナログ回線へ切り替えるといった耐障害性、メンテナンス不要のバックアップシステムなど、従来型PBXの長所を引き継いでいる。機器は従来型PBXと同様に利用企業の構内に設置するが、Fonalityのデータセンター(マスターサーバ)とVPNで接続して集中管理される。このため、インターネットがつながる環境であればWebブラウザ経由で管理画面やユーザー画面にアクセスし、設定内容の確認・変更をセキュアに行える。

ITmedia マーケティング新着記事

news071.png

営業現場のDX、「進んでいない」が7割――Sansan調査
Sansanが実施した「営業活動における実態調査」の結果を紹介します。

news088.jpg

「アドフラウド」の現実 広告費の4分の1が不正なインプレッションにかすめ取られている
「広告費のムダ」がなぜなくならないのか、広告費をムダにしないためにはどうすればいい...

news173.png

Google Cloud Platform (GCP)上に構築したデータ基盤をCDPに 「Rtoaster insight+」に新機能
ブレインパッドは、GCP上に構築したデータ基盤をCDPに進化させる新機能を「Rtoaster insi...