2008年12月11日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWS富士通、マッシュアップ機能を搭載したWebフロントアプリケーション構築基盤

既存の業務システムや外部のWebサービスと組み合せて、関連する情報を1つのフロント業務画面に統合する。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]

 富士通は12月10日、Windows環境におけるWebフロントアプリケーション構築基盤ソフトウェアの新版「Interstage Interaction Manager V9.1」(IIM)を発表、同日販売を開始した。

 IIMは、企業ポータルやその認証処理などのWebフロント業務システムを構築する基盤を提供するソフトウェア。よく使用される機能を部品化することで開発コストを削減し、Ajaxフレームワークを利用してユーザーの利便性が高いWebアプリケーションの開発を支援する。

 今回の新版では、既存のWebアプリケーションや外部Webサービスと連携したフロント業務アプリケーションの開発機能を提供するマッシュアップフレームワークが追加された。これにより、既存のIT資産を有効活用できるという。

photo 富士通ソフトウェア事業本部アプリケーションマネジメント・ミドルウェア事業部長、西尾 清氏

 例えば、既存の商品管理システムや在庫情報検索Webサービスなどと組み合わせて、商品の画像や詳細情報、在庫状況などのデータを読み込み、クライアント側の受発注フロントシステムのWeb画面上に表示することができる。

 富士通のソフトウェア事業本部アプリケーションマネジメント・ミドルウェア事業部長、西尾 清氏は、既存IT資産の有効活用のポイントとして「既存HTML画面の簡単活用」「マッシュアッププロキシによる分散システムへのアクセス性の向上」「サービス管理機能による不正アクセスの防止」の3点を挙げた。

 IIMでは、既存のHTML画面の一部をスクレイピングツールで切り出し、そのデータをXMLデータに変換してマッシュアップ定義ファイルエディタに登録し、フロント画面にマッシュアップして表示できる。また、統合開発環境のプラグイン「Ajaxページエディタ」によって、直感的な画面設計と開発が可能。

 さらに、Webサーバとプロキシサーバの両方の機能を提供するマッシュアッププロキシによって、セキュリティ対策のために複数のサーバやほかのドメインへのクライアントのアクセスを制御するクロスドメイン制約を解消し、外部のデータセンターなどへのアクセスを許可できる。そのほか、利用サイト以外へのアクセスを制限するサービス管理機能やアクセスログを採取して追跡調査する機能などが利用できる。

photo Interstage Interaction Manager V9.1

 IIMの動作環境は、サーバOSがWindows 2000 Server以降、クライアントOSがWindows 2000 Professional以降で、富士通の「Interstage Application Server V9」や「IBM WebSphere Application Server」「BEA WebLogic Server 9.2J」などのアプリケーションサーバが必須となる。

 販売価格は、1ユーザーラインセンスが45万5000円から、プロセッサライセンスが260万円(いずれも税別)。また、体験版のダウンロードも同日から開始した。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

LINEと博報堂DYデジタル、「LINE」上での広告効果測定の精緻化を図る共同プロジェクトを開始
LINEは、同社の広告サービスにおいて、効果測定の精緻化を図るプロジェクトを博報堂DYと...

news056.jpg

SSP「fluct」、Bulbitの全自動マーケティングプラットフォーム「UNICORN」と連携開始
fluctは、SSP「fluct」がBulbitのモバイルアプリ向け全自動マーケティングプラットフォー...

news024.png

「All About」、記事型ネイティブ広告にIASのアドベリフィケーションツールを正式導入
オールアバウトは、総合情報サイト「All About」で販売および配信する記事型ネイティブ広...