2008年12月11日 08時00分 UPDATE
特集/連載

Windows管理者を悩ますアプリ互換性問題Windows Vistaと既存Windowsアプリの互換性──管理への第一歩

IT担当者は、Windows Vista上で今後も古いアプリケーションやサポート対象外のアプリケーションを使い続けられるようにしなければならない。そのために役立つツールを紹介しよう。

[Ed Tittel,TechTarget]

 何もかもが理想的な世界では、IT担当者はアプリケーションの互換性の問題を心配しないで済む。その世界では、誰もが最新版のVisual Studio(バージョン2008)と.NET Framework(バージョン3.5)を採用済みで、すべてのコードがWindows Vista上でシームレスに制限なく動作するだろう。

 しかし現実には、いまだに各種の特殊なコードが使われており、それらを今後も使い続けられるようにしなければならない。こうしたコードには、アップグレードされていないコード、レガシーコード、サポートされていないコードなど、トラブルが発生し得るあらゆるコードが含まれる。こうしたコードが膨大にあることから、Windows Vista管理者というチャレンジ精神が求められる仕事に当たるIT担当者たちにとって、「アプリケーションの互換性」は禁句ではないにしても、頭の痛い問題となっている。

 そこで本稿では、アプリケーションを評価・テストし、可能であればWindows Vistaデスクトップで正常に動作するように手を加えるという、時には面倒な手間が掛かる作業にWindows Vista管理者が利用できる重要なツールやリソースを紹介する。

ITmedia マーケティング新着記事

news011.jpg

訪日韓国人は「NAVER」で何を検索しているのか?――ブルームストリート調べ
日本で休暇を過ごす訪日韓国人が「NAVER」で検索するキーワードとは?

news055.jpg

NTTデータとD2C、デジタルマーケティング分野で協業
NTTデータとD2Cは、デジタルマーケティング分野におけるビッグデータの解析を起点とした...