2008年05月21日 08時00分 公開
特集/連載

Windows Vistaの互換性を簡単にテストするには愛用アプリは使える?

手っ取り早くWindows Vistaとマシンの互換性をテストする方法を紹介しよう。この方法は1台のマシンのテストを想定したものだが、PCの所有台数がそれほど多くない小規模企業でも同様に役立つ。

[Brien M. Posey,TechTarget]

 あなたがこの1年くらい隠居生活を送っていたのでなければ、Windows Vistaの最大の問題点の1つが互換性問題であり、その最たるものがWindows Vistaの新しいセキュリティ機能が原因で動かないレガシーアプリケーションが多いことであるという話は聞いたことがあるだろう。Windows Vistaを使うには、Windows XPより強力なハードウェアが必要なことを考え合わせれば、非常に多くの企業がアップグレードに消極的なのもうなずける。

 Microsoftはアップグレードプロセスを容易にするため、Deployment Workbenchを提供している。これは、企業がWindows Vistaの導入展開に向けて互換性テストを行うためのプログラムスイートだ。Deployment Workbenchは非常に有用だが、特に小規模企業では機能を持て余してしまう場合もある。

 代替手段として、手っ取り早くWindows Vistaとの互換性についてマシンをテストする方法を紹介しよう。この方法は1台のマシンのテストを想定したものだが、PCの所有台数がそれほど多くない小規模企業でも同様に役立つ。

Windows Vista Upgrade Advisor

 Windows Vistaとの互換性についてマシンをテストする最もシンプルな方法は、Windows Vista Upgrade Advisor(WVUA)というツールを使うことだ。WVUAは、アプリケーションとハードウェアの両方の互換性をテストできる無料ツールで、MicrosoftのWebサイトからダウンロードできる。

 ダウンロードファイルは6.6MバイトのMSIファイル(※)だ。わたしの勤務先では、このファイルを入れたUSBメモリをPCに挿し、Windows Vistaとの互換性を1台ずつテストしている。

※MSIファイル:Windowsアプリケーションのインストール用のファイル形式。

 残念ながらこのツールは、USBメモリから直接実行することはできない。サイズは小さいものの、テスト対象となるマシンにインストールする必要がある。インストールは非常に簡単だ。MSIファイルをダブルクリックすると、セットアップウィザードが起動する。このウィザードでは基本的に、エンドユーザーライセンス条項に同意し、インストール先フォルダを確認するよう求められるだけだ。そして、デスクトップにショートカットを作成するかどうかを指定すればインストールが行われる。

関連ホワイトペーパー

Windows Vista | Microsoft(マイクロソフト)


ITmedia マーケティング新着記事

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...