2009年01月20日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWSNEC、SMB向けアプライアンスにBIGLOBEベースのWebメール機能を追加

Webメール機能を追加することで、利便性向上とセキュリティ強化を両立したメール環境の構築と運用を支援する。

[TechTargetジャパン]

 NECとNECソフトは1月19日、NECのインターネットアプライアンスサーバ製品シリーズ「Express5800/InterSec」のオプション機能として、Webメールソフトウェア「WEBMAIL-X」を追加すると発表した。Webメール形式でユーザーの利便性を高め、誤送信防止機能でセキュリティも強化できるという。

 WEBMAIL-Xは、メールサーバ上のメールをWebブラウザより閲覧するメールソフト。NECとNECソフトが導入実績やノウハウのあるBIGLOBEのWebメールシステムをベースに共同開発した。

 今回、メールやDNS/DHCP機能を提供するアプライアンスサーバ「Express5800/MW」シリーズのオプション製品として提供される。対象となるのは、ユーザー数400人までの小中規模向けメールサーバ「Express5800/MW300f」、ユーザー数1000人までの中規模向けメールサーバ「同/MW500f」の2製品。

 WEBMAIL-Xでは、Webブラウザが搭載されたPCや携帯電話があれば、場所を問わずにメールを閲覧できるため、利用者の利便性を向上する。

 また、常にサーバ側でメールデータを保持してクライアント側にデータを残さないため、PCからの情報漏えいを防止することができる。さらに、用途に合わせたメールの誤送信防止の設定が可能。未登録メールアドレスへの送信を防止したり、特定のキーワードが本文に含まれている場合の送付前のあて先を再確認できる。

 WEBMAIL-Xの販売価格は、200ライセンス利用時で100万円から。ユーザー数が200人以上の場合は、100ユーザー当たり50万円の追加ライセンス料が発生する。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news069.png

Twitter投稿を基に番組視聴者のペルソナを可視化、データセクションのテレビ番組口コミ分析サービスに新機能
データセクションは、テレビ番組口コミ分析サービス「TV Insight」において、ソーシャル...

news058.jpg

アプリ利用者を特定してアンケート調査、「App Ape」と「TesTee」が連携
フラーは、リサーチツールの提供を行うテスティーと共同で、アプリ所持ユーザーや休眠ユ...

news012.jpg

別所哲也氏と考える、ブランディングの必要性を経営者に納得させる方法
「Branded Shorts」をプロデュースする俳優の別所哲也氏と戦略コンサルタントの山口義宏...