2009年01月29日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWS大塚商会、NEC、MSの3社、仮想化が即利用可能な中小企業向けPCサーバを発表

大塚商会、NEC、マイクロソフトの3社が共同で、PCサーバにあらかじめHyper-Vをセットアップした製品「1台2役サーバパック」を発表。サーバ仮想化によるコスト削減メリットをSMB市場にも訴求していく。

[TechTargetジャパン]

 大塚商会、NECマイクロソフトの3社は1月28日、PCサーバ仮想化ソフトウェアをセットアップした中小企業向け製品「1台2役サーバパック」をリリースすると発表した。3月1日より販売を開始する。

 同製品は、NECのPCサーバ「Express5800シリーズ」とマイクロソフトの「Windows Server 2008 Hyper-V」を組み合わせ、1台の物理サーバ上で2台の仮想サーバを利用できるように大塚商会があらかじめ各種設定を施したもの。サーバは、薄型筐体のスリムサーバ、タワー型サーバ、ブレードサーバの3種類から選択可能。最低限必要なバックアップ装置、無停電電源装置(UPS)も標準で装備する。また、OSKの基幹業務システム「SMILE BS」シリーズと統合型グループウェア「eValue」シリーズが動作検証済み。

 同製品の導入により、専任のシステム技術者がいない中小企業でも仮想化技術の導入が可能になり、サーバ統合によるコスト削減のメリットを享受できるという。また、動作検証済みのアプリケーションを導入することにより動作検証工数を省き、サーバ導入後すぐに利用できる。3社では今後、SMILE BS、eValue以外の市販パッケージソフトウェアの動作検証を進めるとともに、顧客が独自に開発したアプリケーションも大塚商会の「仮想化オープンラボ」で動作確認ができる環境を提供する。

 同製品の価格は約200万円(税別)から、保守費用は年間約53万円(税別)からとなっている。仮想サーバを追加する場合は、1台当たり17万円(2台目以降は5万円)の追加費用が必要となる。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...