2009年03月06日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWSエンバカデロ、すべての開発ツールを利用できるアクセスパスを提供

単一のライセンスキーによって、エンバカデロから提供されている開発ツールを最大で18種類利用できる。

[TechTargetジャパン]

 エンバカデロ・テクノロジーズ(以下、エンバカデロ)は3月4日、オンデマンド開発ツールセット「Embarcadero All-Access」(以下、All-Access)の国内提供を開始した。All-Accessは単一のライセンスキーによって、エンバカデロから提供されている開発ツールを最大で18種類利用できる。ユーザーは必要に応じて、ツールをネットワーク経由でダウンロードして利用する。All-Accessで利用できる開発ツール群は、以下の通り。

All-Accessで利用できる開発ツール
CodeGear開発ツール Delphi、C++Builder、Delphi Prism、JBuilder、3rdRail
設計・アーキテクチャツール ER/Studio、EA/Studio、Schema Examiner
データベース管理・モニタリングツール DBArtisan、Rapid SQL、Change Manager
チューニング・パフォーマンス Performance Center、DB Optimizer
photo Embarcadero All-Accessの管理画面《クリックで拡大》

 また、All-Accessでは開発ツールを起動する際には「InstantOn」機能によって、インストール作業をすることなく、ローカルまたはネットワーク経由にてワンクリックで実行できる。

photo InstantOn機能

 All-Accessには、4つのアクセスレベルが用意されている。アプリケーション開発者向けの「Bronze」、DB開発者向け「Silver」、データモデリング機能も利用できる「Gold」、すべての製品が利用できる「Platinum」の4つで、ユーザーが利用する開発ツールに応じて選択できる。

 エンバカデロでは、All-Accessの主な利用シーンとして、アーキテクトやプログラマー、QAエンジニアなどの複数の役割を1人で兼務するエンジニアや、複数のプロジェクトを抱える部門、企業全体での利用、オフショアを含む複合的なチームプロジェクトなどを想定しているという。そのためのオプションとして、以下の3種類の導入形態が用意された。

  • ワークステーションライセンス:1ライセンス当たり1人のユーザーが1台の端末上ですべてのAll-Access製品を利用できる
  • ネットワーク指名ユーザーライセンス:1ライセンス当たり1人のユーザーが任意の端末上ですべてのAll-Access製品を利用できる。ライセンスはライセンスサーバで管理され、最大30日間はサーバにアクセスしなくても使用を継続できる
  • ネットワークコンカレントライセンス:組織内の任意のユーザーがすべてのAll-Access製品を利用できる。同時接続数は1ライセンス当たりでユーザー1人

 All-Accessの販売価格は37万8000円からで、既存の製品ユーザーにはアップグレード価格として、27万7200円から提供される(いずれも税込み)。各製品のラインセンスを永続的に保持し、初年度の年間メンテナンス費用が含まれている。また、すべての製品に対するアップデートやバージョンアップなども含まれており、今後All-Accessに追加されるすべての製品を保有レベルに応じて利用できる。

関連ホワイトペーパー

開発プロセス | 統合開発ツール | ミドルウェア


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news134.jpg

Oracle、IBM、Adobeが語るデジタルマーケティングの新潮流
主要マーケティングツールベンダーは現在のマーケティングトレンドをどう見ているのか。...

news112.jpg

KDDI、ショッピングモール「Wowma!」出店店舗の中国向け越境EC参入をサポート
KDDIは、越境ECプラットフォーム「豌豆 (ワンドウ) プラットフォーム」を運営するInagora...

news064.jpg

シャノンの「イベント受付来場認証」がPepperと連携
シャノンは、MAツール「SHANON MARKETING PLATFORM」において、展示会・イベントの来場者...