2009年03月13日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWSディアイティ、VoIPも見える化するネットワークの“健康診断”ツール

スタンドアロンのLANアナライザソフトの新版がリリース。音声や動画を利用するIPネットワーク環境での通信品質の管理が容易になった。

[TechTargetジャパン]

 ディアイティは3月12日、LANアナライザソフト「OmniPeek」の新バージョン6.0を4月6日より販売すると発表した。データ系だけでなくVoIP(Voice over IP)などの音声系のパケット解析機能が強化されている。

 OmniPeekは、ネットワークの障害切り分けによるトラブルシューティング、サーバのログ収集、ネットワークの通信状況などのヘルスチェックを行う米WildPackets製のアナライザツール。ノートPCなどにインストールして持ち運ぶことができる。スタンドアロンでも利用可能だが、セグメントごとに設置した別売りのパケットキャプチャーエンジンソフトから取得したデータを基に、ダッシュボードインタフェースやリポート出力などの高度な解析機能を提供し、分散ネットワークの統合管理を支援する。

画像 OmniPeek 6.0のコンソール画面《クリックで拡大》

 新バージョンでは、ダッシュボード機能を使ってのVoIP、ビデオ系のパケット解析が可能になった。SCCP(シスコシステムズの独自プロトコル)、H.323、SIPといった呼制御プロトコル、RTSP(Real Time Streaming Protocol)をサポートし、IP電話・ビデオストリーミング利用環境におけるQoS(サービス品質)管理などに役立つ。これまでダッシュボード/リポート機能はデータ系パケット解析にのみ対応していた。

 同社はまた、OmniPeekシリーズのパケットキャプチャー専用アプライアンスとして、有線LAN用の「OmniPliance Network Recorder」および無線LAN用の「OmniRFGrabber」も同時に販売開始する。Network Recorder上位機は10ギガビットイーサネットやMPLSネットワーク、OmniRFGrabberはIEEE 802.11a/b/g/nの各無線LANインタフェースをサポートする。

 価格は、OmniPeek 6.0が21万8000円、OmniPliance Network Recorderが248万円、OmniRFGrabberが28万7000円(すべて税別)。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

インターネットが好き過ぎる人々の夏
テクノロジーは日進月歩。技術に合わせて私たちのITリテラシーは進化しているのか。ネッ...

news061.jpg

ABM実現のためのデータマネジメントサービスでサンブリッジがリアライズと提携
サンブリッジとNTTデータグループのリアライズは、アカウントベースドマーケティングの実...

news018.jpg

「ラストクリック依存」はなぜ失敗するのか?
CPA(顧客獲得単価)の最適化という目標は達成できているのに肝心の収益には貢献していな...