2009年04月02日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWSマジックソフト、RIA開発機能を強化した統合開発ツールの新版を発表

RIAシステムとクライアント/サーバシステムのどちらにも対応可能な業務アプリケーションの開発や展開を容易にするツールを発表した。

[TechTargetジャパン]

 マジックソフトウェア・ジャパン(以下、マジックソフト)は3月31日、業務アプリケーションの統合開発ツール「Magic eDeveloper」製品群の後継製品となる「Magic uniPaaS」を発表した。Magic eDeveloper V10のユーザーは、無償でバージョンアップすることができる。4月21日から販売を開始する。

 Magic uniPaaSは、クライアントおよびサーバの両方におけるRIA(Rich Internet Application)開発を、1つの開発パラダイムで実行するツール。Magic uniPaaSで開発された単一のMagicプロジェクトでは、クライアントとサーバとのパーティショニングおよびクライアント側の配布や更新作業を自動化することができる。

 また、デスクトップやクライアント/サーバ、Webアプリケーション、非ブラウザベースのRIAなどに対する実行モードを備えており、それらを1つのアプリケーションメタデータと開発プロジェクト上に定義できる。ユーザーは、RIAシステムとクライアント/サーバ型システムのどちらにもアプリケーションを書き換えることなく移行を完了できる。

 さらに、Magic uniPaaSでは過去のMagicアプリケーション資産を.NETベースのRIAアプリケーションに移行するコンバータが搭載されている。

 同社によると、例えば、10年以上前に開発されたMS-DOSアプリケーションを.NETアプリケーションに拡張することもできるという。また、MagicアプリケーションのユーザーやISVは、サービスやソフトウェア製品をRIAやSaaS(Software as a Service)アプリケーションなどに低コスト/短期間で展開できるとしている。

 マジックソフトでは今後Magic uniPaaS製品群を拡充する計画で、Windows Mobile対応機能を持つ次期バージョンを2009年秋ごろに、SaaSアプリケーションの管理機能を備えた新製品を2009年後半にリリースする予定。

関連ホワイトペーパー

統合開発ツール | .NET | SaaS | Webアプリケーション


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news085.jpg

位置情報広告のジオロジック、LINE Venturesなどから総額1億円を調達
ジオロジックは、ジェネシア・ベンチャーズ、LINE Ventures、東急エージェンシーを引受先...

news065.jpg

LINE、サイバーエージェント子会社とチャットに特化した次世代型カスタマーサポート推進で協業
LINEは、サイバーエージェントの連結子会社であるAIメッセンジャーと共同で、チャットに...

news021.jpg

「NPS」の効果を実感、導入企業の8割――IMJ調査
アイ・エム・ジェイ(IMJ)は、「日本企業におけるNPS導入の実態把握調査」の結果を発表...