2009年06月24日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWSIDCフロンティア、NECやMSと共同開発したクラウド型システム開発基盤

NECのIAサーバやマイクロソフトの仮想化技術を活用したシステム開発基盤をオンデマンドサービスとして利用できる。

[TechTargetジャパン]

 IDCフロンティアは6月23日、NECやマイクロソフトと共同開発したクラウド型システム開発基盤「NOAHプラットフォームサービス」を発表した。6月30日から提供を開始する。

 NOAHプラットフォームサービスは、IDCフロンティアがNECマイクロソフトの2社から技術提供を受けて開発したオンデマンドサービス。顧客企業は、NECのハイエンドIAサーバ「Express5800/スケーラブルHAサーバー」とマイクロソフトの仮想化技術「Hyper-V」を基盤としたITリソースを、インターネット回線を介して利用できる。IDCフロンティアは、システム開発に必要なサーバやストレージなどのITリソース、ラックスペースといった設備を提供する。

photo サービス構成図

 同サービスから標準で提供されるITリソースは、CPU、メモリ、ディスク、仮想マシンからのインターネット接続環境、共用ファイアウォールなど。また、オプションとしてOSラインセンス(Windows Server 2008 Enterprise Edition)、DBライセンス(Microsoft SQL Server 2008 Standard Edition/Enterprise Edition)などの管理にも対応する。

 さらに、システム運用サービスとして、24時間365日の電子メールおよび電話でのサポートや、障害情報などを閲覧できる「カスタマーポータルサイト」、仮想マシン管理コンソールなどの利用が可能。

 サービスの提供価格は最小構成で2万5300円(税別・ライセンス料別途)から。利用期間は1カ月単位で契約できるため、キャンペーンサイトなどの短期利用にも適しているという。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news134.jpg

Oracle、IBM、Adobeが語るデジタルマーケティングの新潮流
主要マーケティングツールベンダーは現在のマーケティングトレンドをどう見ているのか。...

news112.jpg

KDDI、ショッピングモール「Wowma!」出店店舗の中国向け越境EC参入をサポート
KDDIは、越境ECプラットフォーム「豌豆 (ワンドウ) プラットフォーム」を運営するInagora...

news064.jpg

シャノンの「イベント受付来場認証」がPepperと連携
シャノンは、MAツール「SHANON MARKETING PLATFORM」において、展示会・イベントの来場者...