2008年08月01日 17時45分 公開
ニュース

日本IBM、クラウドコンピューティング検証施設を晴海に開設NEWS

晴海事業所内に「IBMクラウド・コンピューティング・センター@Japan」を開設。クラウドコンピューティング環境のデモや検証を行うことができる。

[TechTargetジャパン]

 日本アイ・ビー・エムは8月1日、クラウドコンピューティング環境を提供する施設「IBMクラウド・コンピューティング・センター@Japan」を同社晴海事業所内に開設した。

 クラウドコンピューティングとは、CPU、ストレージなどのコンピュータ資源やアプリケーションをユーザーの要求に応じて提供する“クラウド”から、サービスとして利用できる次世代コンピューティングモデル。

 同センターでは、ユーザー企業やビジネスパートナーが仮想化を通じて利用しているサーバから、業務を停止することなく環境を別サーバに物理的に移動させるモビリティ機能や、自動的にシステム稼働環境のイメージファイルを配布するプロビジョニング機能など、クラウドコンピューティング環境を検証することができる。また、オープンソースの分散コンピューティングプラットフォーム「Hadoop」を利用したクラウドコンピューティング環境での大規模情報処理プログラミング環境のデモや、ソフトウェア開発のためのチームコラボレーションを実現するシステム環境のデモなどを行うこともできる。

 さらには、同センター内にクラウドコンピューティングの活用を検討している企業向けに、教育プログラム「クラウド・コンピューティングイノベーション・ワークショップ」を無償で開催。ワークショップでは、同社のクラウドコンピューティングのエキスパートと半日の集中討議により、ユーザー企業のクラウドコンピューティング活用に適した分野や、構築に向けてのプランを策定していく。

ITmedia マーケティング新着記事

news089.png

中小企業のDX支援へ「HubSpot CRM」と「Eight 企業向けプレミアム」が機能連携
名刺情報をコンタクト情報と同期させることでユーザー企業は社員が個別に蓄積してきた名...

news065.jpg

「E-Waste」最新事情 国民一人当たりで最も多くの電子廃棄物を排出しているのは?
マーケターの頭の片隅を刺激するトピックをインフォグラフィックスで紹介。

news154.jpg

「不祥事によって購入・利用意向が下がる」 回答者の6割以上――ネオマーケティング調査
20〜69歳の男女1000人に聞いた、広報のリスク管理に関する調査の結果です。