日本IBM、クラウドコンピューティング検証施設を晴海に開設NEWS

晴海事業所内に「IBMクラウド・コンピューティング・センター@Japan」を開設。クラウドコンピューティング環境のデモや検証を行うことができる。

2008年08月01日 17時45分 公開
[TechTargetジャパン]

 日本アイ・ビー・エムは8月1日、クラウドコンピューティング環境を提供する施設「IBMクラウド・コンピューティング・センター@Japan」を同社晴海事業所内に開設した。

 クラウドコンピューティングとは、CPU、ストレージなどのコンピュータ資源やアプリケーションをユーザーの要求に応じて提供する“クラウド”から、サービスとして利用できる次世代コンピューティングモデル。

 同センターでは、ユーザー企業やビジネスパートナーが仮想化を通じて利用しているサーバから、業務を停止することなく環境を別サーバに物理的に移動させるモビリティ機能や、自動的にシステム稼働環境のイメージファイルを配布するプロビジョニング機能など、クラウドコンピューティング環境を検証することができる。また、オープンソースの分散コンピューティングプラットフォーム「Hadoop」を利用したクラウドコンピューティング環境での大規模情報処理プログラミング環境のデモや、ソフトウェア開発のためのチームコラボレーションを実現するシステム環境のデモなどを行うこともできる。

 さらには、同センター内にクラウドコンピューティングの活用を検討している企業向けに、教育プログラム「クラウド・コンピューティングイノベーション・ワークショップ」を無償で開催。ワークショップでは、同社のクラウドコンピューティングのエキスパートと半日の集中討議により、ユーザー企業のクラウドコンピューティング活用に適した分野や、構築に向けてのプランを策定していく。

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。