2009年08月06日 08時00分 UPDATE
特集/連載

メインフレームにまつわる“迷信”に惑わされるなメインフレームからx86サーバへの移行は本当に正しいのか

古いメインフレームを運用している企業は、x86サーバ用にすべてのアプリケーションを書き直すより、最新のメインフレームにアップグレードする方がコストと時間の節約になるかもしれない。

[Bridget Botelho,TechTarget]

 メインフレーム離脱企業はx86サーバに移行した理由を説明しているが、メインフレーム擁護者たちによると、そうすべきでない理由もたくさんあるという。

 米調査会社Clabby Analyticsを経営するジョー・クラビー氏によると、メインフレームから仮想化技術を搭載したx86サーバに移行するというトレンドは、実際には後退だという。

 「PCはメインフレームの代わりにはならない。また、本格的な仮想化とプロビジョニングという視点から見れば、VMwareはメインフレームの足元にも及ばない」とクラビー氏は話す。「メインフレームはVMwareよりもはるかに先を進んでおり、仮想化、自動プロビジョニング、ワークロード管理における現在のメインフレームの水準にVMwareが追い付くには10年かかるだろう」

 もちろん、メインフレームの王者IBMも同じ考えだ。「これはミニクーパーとトレーラートラックを比較するようなものだ。確かにミニクーパーは効率という点で優れるが、引越しするときに役立つのはどちらだろうか。グランドピアノを運べるのはどちらだろうか。同じ分量の仕事を片付けるのに、ミニクーパーでは何往復しなければならないだろうか」と話すのは、IBM System zソフトウェアを担当する同社のディスティングイッシュドエンジニア/チーフアーキテクトのジム・ポレル氏だ。

 IBMの基本的見解は次の通りだ──「System z10 ECメインフレームは1500台のx86サーバをリプレースすることができ、IBM System z10 BCは最大232台分のx86サーバの能力がある」

 それでもメインフレームからの移行を進める企業は少なくない。その理由として彼らが挙げるのが低コストだ。

メインフレーム離脱派は

 シカゴに本社を置くTTXは、メインフレーム離脱派の象徴的存在だ。同社は2010年までにIBMメインフレームを引退させ、すべてのメインフレームアプリケーションを書き直すとともに新機能を追加し、それらをHewlett-Packard(HP)のDL 580 G4サーバとHPブレードサーバ、そしてVMware ESXバージョン3.5仮想マシンとWindowsを組み合わせた環境で運用する計画だ。

 TTXのインフラ担当ディレクター、ロブ・ゼリンカ氏は「われわれは基本的に、より多くの機能を備えたより安価なプラットフォーム上にメインフレーム環境を再現した。設置面積が大幅に減少しただけでなく、消費電力と冷却要求が少なくなったので運用コストも削減できた。以前は5列のサーバラックがあったが、それがわずか2列になった。

 しかしクラビー氏によると、x86と仮想化技術の取得コストはメインフレームのコストと比べると低いが、「セキュリティと信頼性に劣る」コンピューティングモデルを採用することは長期的なコスト削減につながらないという。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news104.jpg

TAGGY、中小ECショップ向けレコメンド広告「おもてなしバナー for FutureShop2」の提供を開始
ディスプレイ広告の最適化サービスを手掛けるTAGGYは12月19日、フューチャーショップのAS...

news102.jpg

見えない顧客を育てるプラットフォーム、トライアックスが開発
トライアックスは12月18日、中長期の顧客育成を支援するコミュニケーション マネジメント...

news099.jpg

ハイブリス、小売業オムニチャネルに関する調査結果を発表
コマース・プラットフォーム・プロバイダである独ハイブリスソフトウェア(an SAP Compan...