2009年10月05日 07時30分 UPDATE
特集/連載

サイトの改ざんを未然に防ぐ自社サイトのハッキングをネットベースの整合性監視でチェックする

自社サイトのトップページが改変されたりユーザーがフィッシングサイトに誘導されるといったハッキングを検出するには、具体的にどうすればいいのだろうか。

[David Davidson,TechTarget]

 「ファイルベースの整合性監視(FIM)」は、社内のサーバに置かれた重要なファイルやバイナリに改変が加えられていないか監視することにより、システムの整合性を保証するというコンセプトだ。FIMを実装すれば、構成ファイル、バイナリ、カーネルなどが修正された場合に、その行為を検出し、それが承認されたものであるかどうかを判定できる。

 FIMはPCI DSS(クレジットカードデータのセキュリティ規格)やHIPAA(医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律)などでは一般的なコンプライアンス要件となっている。しかし、ネットワークベースの整合性監視が要件とされているケースはあまり見かけない。これは、FIMと同じコンセプトを、WhoisやDNSなどの情報にオンラインで適用するというものだ。Whois情報が変更される、DNSが改ざんされてユーザーがフィッシングサイトに誘導される、あるいは自社のWebサーバがハッキングされてトップページが改変されるといった出来事を検出するにはどうすればいいのだろうか。

 Webサイトの可用性を監視するツールは存在するが、サイトの整合性をチェックするためのツールは少ない。Webサイト、Webアプリケーション、DNS、Whoisといった企業のネットワークのプレゼンス(存在形態)が改変されたかどうかを確実に検出するための手段も必要ではないだろうか。

 サーバ上で動作するFIM製品の多くは、Webサイトの改変を検出できる。しかし、DNSのリダイレクションやレジストラ(ドメイン名登録業者)を通じたWhoisの修正といった小細工による攻撃の場合はFIMでは検出できず、ユーザーが悪質なサイトに誘導される可能性がある。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

現代人の30のメディアライフスタイルとは?――電通調査
電通はビデオリサーチと共同で、生活者のメディア視・聴・読習慣を可視化し、30のメディ...

news061.jpg

「Adobe Audience Manager Audience Marketplace」が国内で利用可能に
Adobe Systemsは、同社の顧客とデータプロバイダー間のデータ取引を行う機能「Adobe Audi...

news045.jpg

売れるネット広告社、「確認画面後でアップセル」で特許権を取得
売れるネット広告社は、「確認画面後でアップセル」についての特許権を取得したと発表した。