2009年10月23日 08時00分 UPDATE
特集/連載

いつ、どのように移行すべきかWindows 7への移行を成功させるには

組織が円滑にWindows 7に移行するために必要な準備方法を、段階を追って解説する。

[Gary Olsen,TechTarget]

 Windows 7には、組織のためになる機能が多数搭載されている。しかも、10月22日にWindows 7がリリースされたのと同時に、Windows XPについてはサポート期限切れに向けた秒読みが始まる。つまり問題は、Microsoftの最新OSに移行すべきかどうかではなく、いつ移行すべきかなのだ。

 組織としてWindows 7に移行する準備ができているかどうか見極めるには、以下の3点を自問するといい。

  1. Windows 7への移行は自社にとって重要か
  2. どのOSからWindows 7へ移行するのか
  3. どのような段階を踏んでWindows 7へ移行するのか

Windows 7への移行は自社にとって重要か

 Windows 7にはパワフルな機能が多数あり、一部はWindows Server 2008 R2と連係している。自社にとってどの機能が有用かを見極めるため、IT管理者はこれら機能について知っておく必要がある。全社的に有用な機能もあれば、特定の部門やプロジェクト、組織、ユーザーにしか関係のない機能もあるかもしれない。

ITmedia マーケティング新着記事

news028.jpg

若者の悩みは「未来」よりも「お金」にシフト?――CCC調査
平成が終わりを迎えようとしている中、若者たちは何に悩みどんなことを考えているのでし...

news013.jpg

なぜ人材採用にマーケティング発想が必要なのか
デジタル時代の人材採用。海外では既に実践されている「インバウンドリクルーティング」...

news139.jpg

シナジーマーケティングとMS&Consultingが「覆面Web調査」を開始
シナジーマーケティングはMS&Consultingと協業し、ECなどのWeb会員の顧客満足度を調査改...