2010年02月22日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWS日本HP、Core i5などを搭載した低価格ワークステーション

インテルのCPU「Core i5/Core i3」「Xeon 34xx」を搭載したことで従来よりパフォーマンスを向上したほか、静音性、環境性能にも優れる。

[TechTargetジャパン]

 日本HP(ヒューレット・パッカード)は2月19日、インテルのCPU「Core i5/Core i3」および「Xeon 34xx」を搭載したエントリークラスのワークステーション「HP Z200 Workstation」(以下、Z200)を販売開始した。価格は12万225円(税込み)から。同社のオンラインストアHP Directplusコールセンター、販売代理店、パートナー企業を通じて購入できる。

画像 「HP Z200 Workstation」はエンジニアやグラフィックデザインナーに加え、オフィスユーザー向けのパワーPCとしても最適だという

 Z200の特長は、メモリコントローラー内蔵Core i5/Core i3搭載モデルがメモリ転送速度の高速性、Xeon 34xx搭載モデルがパフォーマンスの高さ。加えて、筺体設計の工夫による“静音性”や、電源効率89%の電源ユニットと待機電力を半分以下とする独自機能による“環境性能”を追求した。

 具体的には、メモリがDDR3-1333 ECCに対応し、64ビットOSを選択した場合に最大16Gバイトまで利用可能となった。パフォーマンス面では、CAD/CGアニメーション/映像編集/解析シミュレーションを使用するミッドレンジMCADやデジタルコンテンツ制作、ソフトウェア開発、OEM用途などに幅広く対応する。主要ISV(独立系ソフトウェアベンダー)の動作確認検証も既に受けているという。静音性の評価としては、SATA HDD 1基、2Dグラフィックス搭載時に20dBという数値を記録した。

 なお、「HP Z Workstationシリーズ」は、デスクトップ型ワークステーションとしては業界初となるEPEAT GOLD(米国電子製品環境アセスメントツール)を取得。効果的な電力コスト削減とCO2削減を実現するとしている。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...