2007年12月13日 20時02分 公開
ニュース

日本HP、パーソナルワークステーションのハイエンドモデル2機種を発売NEWS

最新のインテル製クアッドコアプロセッサと大容量FB-DIMMメモリを採用、優れたパフォーマンスと拡張性を実現した省スペースモデル

[TechTarget]

 日本ヒューレット・パッカードは12月13日、パーソナルワークステーションのハイエンドモデル「HP xw6600 Workstation(以下、xw6600)」および「HP xw8600 Workstation(以下、xw8600)」を発表した。

 CPUにクアッドコア インテル Xeon 5400番台のプロセッサを採用し、5405(2.00GHz)、5420(2.50GHz)、5440(2.86GHz)、5450(3.00GHz)、5460(3.16GHz、xw8600のみ)の5種類から選択できる。今後、デュアルコアのXeon 5260(3.33GHz)にも対応予定。

 モジュール上にバッファを搭載することでデータ転送の高速化を実現した「FB-DIMMメモリ」をxw6600は最大32Gバイト、xw8600は最大128Gバイト搭載可能。また、インテル5400チップセットの採用により、理論上従来の2倍の帯域幅を実現するPCI Express Gen2 x16スロットを2本搭載するほか、80PLUS電源ユニットを採用している。

 両製品ともBTO(固定仕様生産)モデルとカスタマイズできるCTO(注文仕様生産)モデルが用意されており、BTOモデルは同日より、CTOモデルは12月17日より発売予定。価格はxw6600(BTOモデル)が31万7100円から、xw8600(BTOモデル)が51万6600円から。

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...