2007年12月13日 20時02分 UPDATE
ニュース

NEWS日本HP、パーソナルワークステーションのハイエンドモデル2機種を発売

最新のインテル製クアッドコアプロセッサと大容量FB-DIMMメモリを採用、優れたパフォーマンスと拡張性を実現した省スペースモデル

[TechTarget]

 日本ヒューレット・パッカードは12月13日、パーソナルワークステーションのハイエンドモデル「HP xw6600 Workstation(以下、xw6600)」および「HP xw8600 Workstation(以下、xw8600)」を発表した。

 CPUにクアッドコア インテル Xeon 5400番台のプロセッサを採用し、5405(2.00GHz)、5420(2.50GHz)、5440(2.86GHz)、5450(3.00GHz)、5460(3.16GHz、xw8600のみ)の5種類から選択できる。今後、デュアルコアのXeon 5260(3.33GHz)にも対応予定。

 モジュール上にバッファを搭載することでデータ転送の高速化を実現した「FB-DIMMメモリ」をxw6600は最大32Gバイト、xw8600は最大128Gバイト搭載可能。また、インテル5400チップセットの採用により、理論上従来の2倍の帯域幅を実現するPCI Express Gen2 x16スロットを2本搭載するほか、80PLUS電源ユニットを採用している。

 両製品ともBTO(固定仕様生産)モデルとカスタマイズできるCTO(注文仕様生産)モデルが用意されており、BTOモデルは同日より、CTOモデルは12月17日より発売予定。価格はxw6600(BTOモデル)が31万7100円から、xw8600(BTOモデル)が51万6600円から。

ITmedia マーケティング新着記事

news105.jpg

ITツールの利用効果に対する実感に世代間ギャップ――Dropbox Japan調査
国内企業における創造性とITツール利用に関する実態調査です。

news035.jpg

エードット×BIRDMAN デジタルクリエイティブ界の強力タッグが目指す「広告のいらない世界」
プロデュースカンパニーとして急成長中のエードットが総合クリエイティブプロダクション...

news092.jpg

10代女子に聞いたお年玉の使い道、「貯金」「推し活」が上位に――バイドゥ調べ
イマドキの女子はもらったお年玉をどう使っているのでしょうか。