日本HP、最小構成で2万円台のCTO対応デスクトップPCをリリースNEWS

日本HPがビジネス向け低価格デスクトップPCの新製品を発売。用途や予算に応じてCPUやOS、メモリ容量、HDD容量などを選択できる注文仕様生産モデルとして販売し、最小構成で2万円台の低価格を実現する。

2009年02月18日 09時00分 公開
[TechTargetジャパン]

 日本ヒューレット・パッカード(以下、日本HP)は2月17日、ビジネス向け低価格デスクトップPCの新製品「HP Compaq Business Desktop dx7500/CTシリーズ」(以下、dx7500/CTシリーズ)を販売開始すると発表した。

 dx7500/CTシリーズは、ユーザーが注文時にCPUやOS、メモリ容量、グラフィックスカード、HDD容量、保証期間などを用途や予算に応じて選択できるCTO(注文仕様生産)モデル。省スペース型筐体の「dx7500 SF/CT」とマイクロタワー型筐体の「dx7500 MT/CT」の2種類を用意し、いずれのモデルもインテルG45 Expressチップセットを搭載する。

画像 HP Compaq Business Desktop dx7500 SF/CT

 省スペース型筐体にインテルCeleron 440プロセッサ、プリインストールOS無しを選択したモデルは2万円台で購入できる。また、インテルCore2 Quadプロセッサや高性能グラフィックスカードを搭載する高スペックモデルを構成することも可能。搭載OSにはWindows Vista、もしくはダウングレードサービスを利用してWindows XP Professionalを選択することできる。

 同製品は、日本HPのオンラインストア「HP Directplus」、HP Directplusコールセンター、同社のパートナー企業および販売代理店で販売する。価格は、dx7500 SF/CTの最小構成で2万9820円(税込み)、dx7500 MT/CTの最小構成で4万8090円(税込み)となっている。

ITmedia マーケティング新着記事

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。

news061.jpg

J-WAVEが「ポッドキャスト×NFT」の音声ファンマーケティングサービスを開始
J-WAVEは、ポッドキャストとNFTを組み合わせた音声ファンマーケティングサービスを開始し...