2010年06月02日 13時24分 UPDATE
ニュース

newsCA Technologies、「CA ARCserveシリーズ」に小規模システム向け製品を追加

CA Technologiesは5月31日、「CA ARCserveシリーズ」の最新版として「CA ARCserve r15シリーズ」を発表した。このシリーズから小規模システム向けのイメージバックアップ製品が追加された。

[TechTargetジャパン]

 CA Technologiesは5月31日、データ保護ソリューション「CA ARCserveシリーズ」の最新版「CA ARCserve r15シリーズ」を発表した。このシリーズは、ディスクベースのイメージバックアップソリューション「CA ARCserve D2D r15」(以下、D2D r15)、バックアップソリューション「CA ARCserve Backup r15」、レプリケーションソリューション「CA ARCserve Replication r15/CA ARCserve High Availability r15」の3製品で構成されている。これまで豊富な導入実績を持つCA ARCserveだが、今回の新シリーズから、専任の管理者が確保されていない小規模システムに対応するD2D r15が追加された。

 D2D r15は、Windows対応のディスクベースのイメージバックアップ製品。D2Dは「Disk to Disk」の略で、保護対象のWindowsサーバに導入すると、ディスク内のデータを素早く丸ごとディスクにバックアップする。D2D r15はブラウザベースのインタフェース、ブロックレベルの継続的な増分バックアップ、仮想環境に対するデータ保護などの機能を持ち、専任の運用管理者が担当していない小規模システムのバックアップ作業を効率化する。

 CA Technologies ストレージ・ソリューション事業部の今井敏博氏は次のように話す。「当社独自の調査で、ユーザー数が300人未満の小・中規模のシステムでは、バックアップソフトに対して求める要件として運用管理が容易で低価格というニーズが圧倒的に高いことが分かった。そこで、機能を最小限に抑えつつ安全、確実にバックアップできる製品を提供し、中堅・中小企業や部門内の小規模システムのデータ管理に苦労されているユーザーの負担を軽減しようと考えた」

 D2D r15では、初回のみフルバックアップするが、次回からは増分のみバックアップする。サーバ上のすべてのデータをCA Technologies独自の技術でブロックごとにバックアップする方法を取る。増分バックアップが行われるたびに復旧ポイントがカウントされ、あらかじめ設定していた復旧ポイント最大保持数到達後は、最も古い増分とフルバックアップをマージする。ディスク容量を考慮して復旧ポイント保持数を設定していれば、運用年数が長くなっても煩雑なディスク容量管理に追われることはなくなる。

ca_d2d.jpg D2D r15でのフルバックアップと増分バックアップのイメージ

 D2D r15は仮想環境での運用にも対応しており、VMware、Microsoft Hyper-V、Citrix XenServerの主な仮想環境をサポートしている。仮想ホスト内にD2D r15と各仮想化ソフト対応のプラグインを導入して、仮想ホストから仮想マシンを一括して保護することができる。また、仮想環境保護専用ライセンス付きのD2D r15を活用すれば、物理マシンと同様に各仮想マシンのデータを個別に保護することもできる。

 D2D r15の価格は、Basic Editionで1ライセンス8万円。Standard Editionで1ライセンス10万円。Basic Editionは1週間ごとにフルバックアップする必要がある。仮想環境保護専用ライセンス付きパッケージは25万円(各価格はいずれも税別)。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

ミニマリストの消費行動、「持たない人」の特徴とは?――リサーチ・アンド・ディベロプメント調べ
リサーチ・アンド・ディベロプメントは、首都圏在住の生活者へのアンケート調査を基に「...

news072.jpg

オプト、Amazon専門部署を設立
オプトは、企業のAmazonチャネルシフトを支援する専門部署「Amazon戦略部」を新設した。

news056.jpg

20代女性が田舎に魅力を感じる背景に「SNS映え」と「インフルエンサー」――マージェリック調べ
マージェリックが実施した田舎に関する意識調査によると「田舎に魅力を感じる」という回...