2011年01月17日 08時00分 UPDATE
特集/連載

「WAF」製品紹介【第3回】バラクーダネットワークス編開梱後30分でOK!のWAF「Barracuda Web Application Firewall」

2007年度から3年連続で国内のWAF製品シェアトップ(販売台数ベース)を記録したバラクーダネットワークス。同社のWAFは必要なセキュリティ機能をすべて収めており、低コストで導入、運用できる。

[渡邉利和]

 バラクーダネットワークス(Barracuda Networks)は、2002年に米本社を設立した比較的若い企業だ。同社は、中小規模のユーザー企業にも導入しやすい価格帯のネットワーク機器を豊富にラインアップに加えることで、急成長を遂げた。WAF製品に関しても積極的な展開を行っており、日本国内では2007〜2009年度の3年連続で国内シェアトップ(販売台数ベース)を記録(※)している。

(※)富士キメラ総研「2010ネットワークセキュリティビジネス調査総覧」より。

開梱後30分で対策完了

 同社のWAF製品「Barracuda Web Application Firewall」(以下、Barracuda WAF)は、設置の手間とコストの両面から「導入負担の軽減」を実現しており、低コストで迅速に運用を開始できる点が特徴だ。ラインアップは、「モデル360」「モデル460」「モデル660」「モデル860」「モデル960」の5モデルのアプライアンス製品を主体とする。筐体は、360、460は奥行きが約半分の1Uミニサイズ、860、960が2Uラックマウント型となっている。

画像 Barracuda Web Application Firewall ラインアップ

 基本的な違いは、インバウンド(外部から内部向け)Webトラフィックの帯域幅における規模の違いといってよい。ただし360と460では機能面での差も多少付けられており、エントリー機といった位置付けになっている。一方、660、860、960の3モデルに関しては機能の差はなく、サイズも同一で、純粋に対応するトラフィック量に応じて選択する形になる。規模に応じて価格も変わるが、最廉価モデルであるモデル360の場合、インバウンドWebトラフィックの帯域は25Mbpsに対応し、価格は初年度保守費用込みで128万5000円という設定になっている。

Barracuda WAF性能比較(スループット)
モデル 360 460 660 860 960
スループット 25Mbps 50Mbps 100Mbps 600Mbps 1Gbps
Barracuda WAF性能比較(TPS:Transaction Per Second)
モデル 360 460 660 860 960
HTTP 3000 6000 1万 2万5000 5万5000
HTTPS 2000 4000 6000 1万2000 2万

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...