2011年02月10日 08時00分 UPDATE
特集/連載

VSSを構成する3つの要素Hyper-Vのバックアップ戦略の鍵を握るVSS

Hyper-Vユーザーがデータのバックアップで抱えている厄介な問題は、VMwareユーザーと共通している。本稿ではHyper-Vのバックアップ戦略について見ていく。

[W. Curtis Preston,TechTarget]

 米MicrosoftのHyper-Vユーザーはバックアップとリカバリに関して、米VMwareのユーザーと共通の難題を抱えている。それは、バックアップ作業でリソースが大量に消費されてしまうことだ。20台程度の物理サーバを仮想化し、1台の物理サーバに集約した場合、多くのアプリケーションは快調に動くが、そうでないアプリケーションが1つある。それがデータバックアップだ。バックアップは非常にI/O負荷の高い処理であり、サーバのCPU、メモリ、I/Oリソースを酷使する。このため、数台の仮想マシン(VM)を一度にバックアップすると、リソース不足によるトラブルが発生しがちだ。

 こうしたVMのバックアップを適切に行うコツの1つは、VMのレベルではなく、Hyper-Vのレベルでバックアップを行うことだ。Hyper-Vのレベルで動作するバックアップアプリケーションは、Hyper-Vのアーキテクチャを認識し、それに合わせて振る舞う。

関連ホワイトペーパー

バックアップ | Hyper-V | SQL Server | ストレージ | 仮想化


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news138.jpg

MAppsと野武士、オプトが共同で行動データ連携リサーチおよび改善サービスの試験提供を開始
マーケティングアプリケーションズと野武士、オプトは、Webサービスとスマートフォンアプ...

news093.jpg

ソネット・メディア・ネットワークスが「Logicad Video Ads」の提供を開始
ソネット・メディア・ネットワークスは、2017年1月17日、「Logicad Video Ads」の提供を...

news102.jpg

「女神のマルシェ」がライブコマース連動企画を実施
Candeeは、セブン&アイ・ホールディングスが提供する総合通販サイト「オムニ7」および日...