2011年02月18日 08時00分 UPDATE
特集/連載

データバックアップソフト注目のトレンド(前)リモートバックアップを効率化するソースデデュープ

2010年のデータバックアップのトレンドを振り返り、今後の流れを予測する。今回は、デデュプリケーション(重複排除)技術を取り上げる。

[Carol Sliwa,TechTarget]

 2010年にデータバックアップソフト市場で最も注目されたトレンドは、ソースデデュプリケーション(重複排除)技術の本格的な普及と、仮想マシンバックアップの機能強化、そして伝統的なバックアッププロセスにおけるストレージスナップショット、リモートレプリケーション、継続的データ保護(CDP)の影響だった。

 こうしたトレンドの背景には、事業に影響を及ぼさない一定のタイムフレームでバックアップを処理しなければならない企業IT部門の悩みと、データの爆発的な増加問題を何とか解決しようとする業界の取り組みがある。

 「できるだけ多くのデータを蓄積したいとき、与えられた時間が限られているなら、それを迅速に処理する方法を見つけなければならない」と語るのは、マサチューセッツ州ミルフォードのEnterprise Strategy Group(ESG)の上級アナリスト、ローレン・ホワイトハウス氏だ。「バックアップのための小規模データ移動、高速ストリーミング、あるいは高速処理などの手法が決め手となるだろう」

データバックアップソフトにおけるデデュプリケーション

 IifoProがフォーチュン1000にランクされる145社を対象に実施した調査によると、全体の46%が「データリダクション/デデュプリケーション」を既に利用していることが分かった。また、全体の6%が「同技術の評価、パイロット導入」を実施しており、さらに31%が「短期的または長期的な導入計画を持っている」という。デデュプリケーションの導入を検討していない企業は、わずか18%だった。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news099.jpg

「Pinterest」のマーケティング活用、実は意外と進んでいるってご存じでした?
おしゃれな人、アート志向の人が使う画像共有サービスとして知られる「Pinterest」。アー...

news095.jpg

NTTコム オンライン、「Oracle Eloqua」と連携したSMS送信サービスの提供開始
NTTコム オンラインは、マーケティングオートメーション「Oracle Eloqua」から直接SMSを...

news072.jpg

インテージ、「INTAGE connect」経由でモバイル空間統計データの提供を開始
インテージは、同社の「INTAGE connect」を通して、ドコモ・インサイトマーケティングが...