2011年03月02日 09時00分 UPDATE
特集/連載

ブレードサーバシステム紹介:デル運用負荷を低コストで軽減するブレードサーバ「Dell PowerEdge Mシリーズ」

サーバ統合を目的として導入が進むブレードサーバシステム。主要なベンダー製品を紹介する連載の1回目は、デルの「Dell PowerEdge Mシリーズ」を取り上げる。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]

 搭載技術の進歩によって、ブレードサーバシステムの用途は広がりを見せている。本連載では、主要なベンダーが提供するブレードサーバ製品を紹介する。今回は、デルのブレードサーバシステム「Dell PowerEdge Mシリーズ」(以下、PowerEdge Mシリーズ)を取り上げる。

共通シャーシにマルチ世代のモジュールを格納

 PowerEdge Mシリーズは、シャーシ(筺体)である「Dell PowerEdge M1000e」(以下、M1000e)と5機種のサーバブレード、I/Oモジュールなどのオプションで構成される。デルのブレードサーバは、同社の1Uラックマウントサーバ16台構成と比較すると、設置スペースを約57%削減し、総重量を約40%軽量化できるという。

photo M1000eシャーシ

 同社のブレードサーバ向けシャーシとしては第3世代となるM1000eは、10Uサイズのシャーシに最大16基(ハーフハイトサイズ)のサーバモジュールを実装でき、最大32CPUのリソースを集約できる。電源装置を6基、冷却ファンを9基まで搭載可能で、いずれもホットプラグに対応する。さらに、ギガビットイーサネット(GbE)やファイバーチャネル(FC)、InfiniBandなどのネットワーク構成に応じて、最大6つのI/Oモジュールを搭載する冗長化も可能だ。

photo デルの布谷氏

 M1000eシャーシについて、デルの布谷氏は「ハーフハイトやフルハイトのサーバブレード、ネットワークスイッチ、拡張シャーシなどの機種や世代が異なるサーバモジュールを同一筺体内で混在可能な統合型の共通シャーシ」と説明する。ブレードの搭載位置や順序に関するルールもなく、環境に応じて空きスロットに全てのブレードを収納することが可能だ。M1000eでは、同社が2014年までに提供する全てのブレードサーバやI/Oモジュール製品に対応する予定。

より高度な用途に対応するサーバブレードを追加

 デルは2010年7月、PowerEdge Mシリーズとして2つのサーバブレード新機種「PowerEdge M710HD」(以下、M710HD)、「PowerEdge M610x」(以下、M610x)を発表した。これらの機種により、布谷氏は「サーバ統合から仮想化HPC分野に至るまで、より高度な要求に対して本格的にブレードサーバシステムでカバーできるようになった」と説明する。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news123.jpg

サイバーエージェント、レコメンドエンジンに人工知能を用いたテキスト解析技術を応用
サイバーエージェントのエディトリアルアドスタジオは、レコメンド エンジンの技術開発に...

news098.jpg

「WeChat」など中国の主要ソーシャルメディアへの広告出稿、テンセントIBGが日本企業向け支援サービス提供
テンセントIBGは、訪日中国人観光客の急増によるビジネス機会の獲得を目指す日本企業を対...

news115.jpg

2020年度にはCRM市場の4割弱がクラウド型に――ミック経済研究所が予測
ミック経済研究所は、CRM分野におけるクラウド型市場の現状と中期予測をまとめた「クラウ...